【韓国語】科学的に正しい復習法 一気に勉強するとすぐに忘れる理由【繰り返しは神】



韓国語の単語や文章を覚える時も、一気に集中してやるより、日にちを置いて繰り返す方が、記憶が強化される。
忘れそうになった頃に思い出すと、どんどん脳に深く刻みこまれる。
1回で覚えられないのは当然なので、気にしない。
一気に覚えたことは一気に忘れるけど、時間をかけて覚えたことは長く残る

この記事を書いている、私ぽぽろんは韓国語を独学でマスターした。

韓国語の検定試験である、

  • 韓国語能力試験(TOPIK)6級【リスニング満点】
  • ハングル検定1級【2次試験 A】
にはどちらも一発合格している。


【韓国語】ハングル検定1級に一発合格する3つの方法【最高峰カードはプライド】

韓国語のレベルは、現在
  • ほぼネイティブ
だ。

格安で韓国に行く方法を研究して、2か月に1回は韓国旅行に行っている。

【韓国旅行】格安航空券で出発する方法【具体的に説明します】

韓国内を歩いていると、いつもネイティブに間違われる。

【韓国語】自信たっぷりに話すとネイティブになれる【錯覚させるとうまくなる理由】

韓国語の能力をアップさせるために、勉強法を常に研究している。

だから、脳科学を利用した知識の習得に関する本もたくさん読んでいる。

そこでわかったのが、記憶を強化するための、最も効果的な復習の方法だ。

小学館 韓日辞典


記憶を強化する方法は2つ


結論からいうと、記憶を強化する一番いい方法は、
  1. 時間を置いて復習すること
  2. 思い出すこと
この2つだ。

この2つのポイントを押さえておくと、
  • TOPIK【韓国語能力試験】
  • ハングル検定
の受験対策にも役立つはずだ。

【韓国語】TOPIK(韓国語能力試験)6級に最短で合格する勉強法【過去問だけでOKです】


【韓国語】朝イチで勉強するとマスターできる理由【脳の仕組みを利用して習慣化する】


韓国語の単語を100個覚える方法


あなたが韓国語の単語を覚えようとするとする。

たとえば100個の単語を覚える場合、
  1. ざっと見て頭に入れる。
  2. 声に出してみる。
  3. テキストを見ずに発音してみる
この3つのプロセスを繰り返す。

3つの身体機能を使う【目・耳・口】

これで、
という3つの器官を使ったことになる。

もちろん、この状態だと、かなりうろ覚え状態のはずだ。

でも、気にしない。

【韓国語】単語をニュアンスまで含めて完ぺきに暗記できる超カンタンな方法【10回でネイティブ並みになります】

MP3付 第35回+第36回+第37回+第41回 韓国語能力試験過去問題集 TOPIK I

復習の間隔をあけて繰り返す


今度は日にちを置いて
  • 3日後
にすべてのリストについて同じようにやる。

次はもう少し間隔をあけて、
  • 1週間後
にまた同じやり方で勉強する。

 

テキストを見ずに「思い出す」練習をすると記憶に刻みこまれる


そして、この作業を続けながら、

日常の中で、ちょっとした時間に
  • 覚えた韓国語を思い出す
ということをやる。

この
  • 何もないとこから思い出す
というのは、脳に記憶を刻みつける一番いい方法だ。

この思い出す練習は、繰り返せば繰り返すほど、記憶の強化につながる

なぜ、この方法がいいかというと、
  • 思い出す→そのたびに脳のシナプスが新たに作られる→思い出す速度が速くなる
という経過をたどるからだ。

これは、日常の仕事でも同じだ。

あなたは、同じ作業を何度もやっていると、その作業がどんどん早くなっていくのを経験しているはずだ。

これは、最初はマニュアルを見ながらやっていた業務が、慣れるにつれて、マニュアルなしでできるような脳の回路が作られたことによる。

韓国語もこれと同じ。
  • テキストをチラチラ見ながら
ではなく、
  • テキストを見ないで
韓国語の単語や文章が口からスラスラでてくる

ようになれば、あなたは、その単語や文章を完全にマスターしたといえる。

【韓国語】単語を暗記不要でカンタンに覚える2つの方法【効率良すぎてワロタ】

脳の仕組みを利用してイやな思い出を「消す」方法

この脳の仕組みは、いいことにも、よくないことにも作用する。

あなたは、次のような経験をしたことがないだろうか。

たとえば、嫌なことがあった時、友だちにその話をしたとする。

そして、次の日に、また別の友だちに同じ話をする。

別の日にまた別の友だちにその話をする。

こうやって、友だちに話すことを何度も繰り返すうちに、その嫌な出来事についての記憶が、あなたの中でどんどん強化されていく。

だから、いやなことを忘れるには、
  • 1回だけ友だちに話して、その後は2度とその話をしない
というのが正解になる。

韓国語の勉強はペンキ塗りと同じ


こういう脳の仕組みを知っておくと、韓国語の勉強というプラスの意味に活用する時にどうすればいいのかがよくわかる。

要は、韓国語の勉強も、
  • 一気にやる
のではなく、
  • 何回もペンキを塗って完ぺきに近づける
というイメージでやるのがいい。

【韓国語】超初心者がマスターするまでにかかる時間は最低1年【実は短縮する方法があります】

【人気記事】
【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【 安く行く方法は1つだけ】

【人気記事】
【韓国女優】おすすめの顔脱毛 今すぐピカピカ つるつる 光る肌になる方法 【ぷるぷる肌になります】





ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ