韓国語の学び方 はじめが肝心 独学が基本 そのうえで教えてもらうともっと早く韓国語をマスターできる!韓国への語学留学はその後で考えよう


150927headphone

韓国語は、日本語と文法が似ている。

よく似た表現も多い。

英語のように、発想じたいを変える必要がないので、とても学びやすい言語だ。

ただ、

 

  1.  ハングルという文字
  2.  発音
 

このふたつが、まずはじめにつまずくところだ。

韓国語の入門のテキストも、いい本がたくさんあるので、独学でも十分マスターすることができる。

 

ただ、いちばん学び始めや、ある程度勉強が進んだところで、

直接指導してもらう

ことは、韓国語の実力アップにかなり役立つ。

 

その場合、ネイティブよりも、日本語ネイティブで韓国語を学んだ人の方が、

 
  1.    韓国語の発音しかたのポイント
  2.   日本語と韓国語の微妙な表現の違い
 

についてくわしいので、

きめのこまかい指導をしてくれる。

 



150923Korean-tango-kaku

また、自分では気づかない、発音の弱点も、適切に指摘してもらうことで、独学よりもずっと早く、次の段階へグレードアップすることができる。

 

もちろん、語学の基本は独学だ。

自分で、ネイティブの発音を何回も聞き、それを繰り返す、という努力の積み重ねなくしては、韓国語の上達はない。

 

ただ、自分でやる韓国語の勉強をこなしつつ、すぐれた韓国語講師の指導を直接受けることは、韓国語の実力を早くアップさせてくれることはまちがいない。

 

韓国に語学留学し、ソウルの延世大学の語学堂などで学ぶのもとてもよいやり方だ。

(かなり、費用はかかるが)

 

だが、私の友人が、ハングルの基礎をある程度知っている段階で、延世大学に1年ほど語学留学したが、その友人の感想は、

日本で(韓国語を)もっと勉強してから行けばよかった

というものだった。

 

ある程度の実力があって、韓国に語学留学をするのと、まったく何も知らない状態で行くのとは、

韓国語の伸びがまったく違う

ということだ。

 

そのためには、韓国に語学留学する場合でも、日本である程度の力をつけてから行く、というのがベストの選択かもしれない。



1日15分であなたの韓国語をぐんぐん伸ばす!~通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開~【元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法・ベーシックコース】



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ