韓国語 入門をマスターしたら スピードにこだわろう!「速く」発音するほど韓国語の発音は上達する理由



150927Korean-study



韓国語をマスターするにおいて、発音を重視すべきか、スピードを重視すべきか。

韓国語の発音をきっちりしようとすると、スピードが落ちるし、早く発音すると発音がいい加減になる。

こんな経験はないだろうか。

この場合の答えはひとつ。

韓国語の発音はきっちり、そして早く発音する

ことだ。

 

答えになっていないようだが、これしか解決法はない。

 

韓国語の会話にとって早さは命だ。

こちらがゆっくり話す言葉を聞いてくれるほど、ネイティブたちはヒマではない。

 

韓国語教室の先生なら、どんなにゆっくりと話しても聞いてくれるだろうが、一般の韓国人は皆そんなゆっくり聞いてはくれない。

 

何より、韓国は、

スピード第一主義

をモットーとする国である。

 

「ていねいで遅い」くらいなら、「早くてまあまあ」の方が評価されるのだ。

 

韓国では、試験などの合格発表もけっこう早い。

 

日本に比べると、フィードバックが返ってくるスピードは、

2倍以上

だ。


 

韓国語教材 生きている韓国語 慣用語

 

韓国語絵本 大きな木「おおきな木 (童話/惜しみなく与える木)」東方神起 韓国語 絵本




 

150919bihada-suiminbusoku




韓国ドラマにしても、連続ドラマなど、

週2回

放送される。

 

だから、韓国語の入門をマスターしたら、スピードをどんどん上げていくようにしよう。

ゆっくり発音すると正確な韓国語が話せると思うのは、大きなまちがいだ。

 

早く発音すればするほど、韓国語の発音は正確になってくる。

日本語で話すのが遅い人でも、韓国語を話す時は、ある程度速く話すように意識することだ。

 

常に速く、を意識するだけで、韓国語の発音自体が正確になっていく。

 

速く、正確に韓国語を話せる人は、ゆっくり話してもきっちり話せるものだ。

韓国語をスピードをつけて早く話せるということは、正しい韓国語の発音が身についていることの証明でもある。

 

韓国語の正しいスピードとしては、

 

韓国ドラマで俳優がセリフを話す速さ

 

がお手本になる。

 

俳優たちがセリフを話すレベルのスピードで韓国語を話すことができるようになれば、実践的な韓国語のレベルだ。

そのスピードについて行くためには、韓国ドラマの中で、お気に入りのシーンを

部分リピート

して、韓国語のセリフを何回も聞き、それをまねして発音するトレーニングを日常的に繰り返すのがおすすめだ。

 










韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ