韓国語をマスターするのはカンタン!入門書を一冊だけトコトン聞きまくろう 「耳」から入ると発音が「ネイティブ並み」になる理由


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2695142002">


150927Korean-study

韓国語を勉強する人におすすめしたいのは、まず入門のテキストを徹底的にマスターすること。

といっても、ノートに書いて覚える、とかいう勉強法は必要ない。


基本的には、

 付属のCDを徹底的に聴く

のがおすすめだ。


スマホやiPadなどのMP3にいれたりして、肌身離さず持ち歩いて、

 とにかく聞きまくる


ただ、これだけに集中する。


順番でいうと、

 聞く

 声に出す


を徹底してやったあとで、

 文字を書く


というのがいい。


ハングルは、はじめての文字なので、どうしても書いて慣れる練習も必要だ。


だが、最初は、


 聞く


ことに集中するのがいい。



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="7125341606">



150927headphone

この入門の時に、どれだけ耳を韓国語の音に慣れさせたか、ということが、あとで発音のよさにつながる重要なポイントになる。


ある程度、聞きまくって、韓国語の音に耳がなじんできたら、


CDの声について、声を出してみる。


この時点では、CDの通りに発音できなくて当然なので、まったく気にする必要はない。


それよりも、

 聞こえた通りにマネする

姿勢がたいせつだ。


結局、韓国語においては、何も見ないで言えるか、ということが重要になってくる。

テキストをたよりに発音する練習では、文字がないと、声に出していえなくなる。


聞こえた音をそのままマネする、ということを習慣にすると、後で、韓国ドラマを聞きながら、俳優のセリフをマネすることで、


 韓国語の表現が数段グレードアップする


というメリットがあるのだ。

ノートに書いたり、辞書を調べたりすることは、勉強をしている、という実感を持つことはできるが、実力はつかない。

何も見ないで、聞こえた韓国語をリピートして、声に出すことで、韓国語の発音が体にしみこんでいく。


耳で聞くだけだと、負担にならないので、すき間時間を見つけて、少しでも多く、韓国語の音にふれる時間をもつようにしよう。


韓国語のドラマを流して、その音を聞くのもいい。

ただ、初心者の段階で、韓国ドラマのセリフを聞き取るのは、ハードルが高すぎるし、あまり効果もない。

入門では、まず、基本のテキストの内容を完全に理解し、発音する練習を積むのが、結局は近道になる。


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="8602074807">




韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ