韓国語の発音を短期間でマスターする「コツ」 ネイティブになりきる!!




150918hangl-hancha


韓国語の発音で、最初につまずくのは、

  •  激音
  •  濃音
  •  パッチム
この3つだろう。

 

激音と濃音でいえば、まだ激音の方が発音できそうな気がする。

ただ、濃音はどうしても発音できる気がしない。

そういう人が多いはずだ。

これをどう克服するか。

これはある意味、慣れるしかない。

 

韓国語の入門のテキストには、

あっさり

という時の小さい「っ」が濃音だとか書いてあるが、どうも実感として感じられなかったりする。

 

それでも、そんなものかとスルーすることだ。


韓国語教材 韓国語発音-1 (CD6枚付)


コツさえつかめれば発音できるようになる。

濃音とか激音というのも相対的なものだ。

濃音と激音をきわだたせるには、それ以外の子音の発音が重要になってくる。

 

相対的に、濃音と感じられるか、が問題なのだ。

パッチムについても、テキストに書いている発音のしかたをひたすらまねするしかない。


はじめての韓国語 [ 李昌圭 ]


パッチムの発音は、韓国ドラマを見ている時に、俳優の口のかたちと、パッチムを発音した後の舌の動きを観察することだ。

 

「ㅇ イウン」で終わる時は、口は開いているはずだ。

「ㅅ シオッ」の時は、舌は歯の間にはさまっている。


150917hangl-hatsuon-merihari



だから、その通りまねすればいい。

 

特に舌を歯の間にはさむ、というような芸当は、日本語では出番がほとんどないので、意識的にやらなければ身につかない。

ここでたいせつなのが、

別人になる

ということ。

 

「スーパーマンが帰って来た」の中で、ソンイルグクの韓国の三つ子たち(テハン・ミングク・マンセ)がごっこ遊びをする時のように、

ネイティブになりきって発音する

ことだ。

 

今の自分の人格を維持したまま、韓国語だけ完ぺきに発音しようとしても、それは無理だ。

 

韓国語を話す時は、今の自分とは別人になって、身ぶりも手ぶりもオーバーアクションにする。

そして、顔の表情も豊かに、声も複式呼吸で舞台俳優のように、腹から声を出す。

ぼそぼそしゃべってはダメだ。

この習慣が身につくと、韓国語の発音も自然とうまくなる(はず)。










韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ