韓国語を学ぶ ハングル検定と韓国語能力試験(TOPIK) 「一つ」だけ受けるなら、どっちを受けるのがいいのか?




150918hangl-hancha


韓国語の勉強が進んだら、韓国語の検定試験に挑戦しよう。

韓国語の実力を試すという意味でも、励みになるからだ。

韓国語の代表的な検定試験としては、

韓国語能力試験 TOPIK



ハングル能力検定

がある。


韓国語能力試験は、韓国政府が認定・実施する唯一の試験だ。

1級から6級まであり、6級が最上級。


試験自体は、初級・中級・上級の3つに分かれて受験し、点数によって、各級に振り分けられて合格が決まる。

筆記試験のみで、面接による口頭での試験はない。

韓国語を使って仕事をしたい、という場合には、韓国語能力試験6級に合格していることが必須になる。

韓国語能力検定試験の各級のレベルと合格ライン


【楽天ブックスならいつでも送料無料】韓国語能力試験高級過去問題集(第16回+第17回+第18回…



ハングル能力検定試験は、日本語ネイティブが韓国語の能力を試すにはぴったりの試験だ。

5級・4級・3級・準2級・2級・1級があり、1級が最上級だ。

ハングル能力検定試験の各級のレベルと合格ラインについて

ハングル能力試験は、日本語のネイティブが、韓国語を勉強する時にポイントとなる点がよく問われる。問題文もよく練られているので、勉強になる。


【送料無料】 スピード!ハングル検定 5級合格 / 金惠鎭 【単行本】



最上級の1級のみ、筆記試験に合格した者には、面接試験がある。

1級に合格すると、

최고봉 카드

最高峰カード

というのをもらえる。


150923Korean-tango-kaku



これを手にすることは、韓国語学習者として、かなりうれしいことだ。

ハングル検定も、1級になると、かなり難しくなるが、3級までなら、ふつうに勉強していれば合格することはそれほど難しくない。


韓国語能力試験の方は、問題文もすべて韓国語だ。


どちらか1つだけ受けるのなら、

 韓国語能力試験

をおすすめする。


何といっても、韓国政府の公的な認定試験、というところが大きい。

韓国語を学ぶ人が挑戦するにはぴったりの試験だし、韓国語能力試験6級(最上級)に合格すれば、韓国語に関してはそれなりの実力があるということの証明になるからだ。

もちろん、初心者の場合は、カンタンな級から挑戦し、段階的に上に上がって行くのがいい。

基準としては、自分の実力より少し上のクラスにチャレンジするのがおすすめだ。

それで、自分の今の実力より、少しだけ上のクラスを受けてみよう。


韓国語の検定試験を受けるのは、あくまでも、韓国語の学習の励みにするものだ。

試験に合格することが目的ではなく、検定試験の勉強を通じて、韓国語の実力を伸ばすことにつなげるようにするのが、賢い試験の利用の仕方だといえる。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ