韓国語の勉強 何でもやってみよう 基本のテキストをマスターしたら「実践!」「実践!」「実践!」ソウルで伸びる韓国語力


150906kandora-hamaranai-sukoshizutsu


韓国語の勉強を何年もやっているけれど、なかなか上達しない、という人がいる。

そういう人に欠けているのは、

 実践力

これである。


反対に伸びる人の特徴は、初心者のうちから

 どんどん韓国語を使う


ということ。

ヘタでも気にせず、自分の知っている表現を使いまくる。

伝わればよし、伝わらなかったらしかたない、こんなチャレンジ精神だ。


なにごとも、完ぺきにできてからやろう、とすると、上達は遅くなる。


不十分でも、当たって砕けろで使いまくっているうちに、

 ブレークスルー


する瞬間が訪れる。


だから、私がおすすめするのは、とりあえず、韓国語の入門書一冊を完ぺきにやりぬくこと。


何冊も浮気せず、一冊に絞る。


そして、その韓国語の入門書についているCDをスマホや、MP3に入れて、時間のある限り聞きまくる。


この作業を、3か月集中してやってみる。


そうすると、何かが見えてくるはずだ。


そして、ある程度、やりぬいたと感じたら、次は、どんどん

 実際に韓国語を使ってみる


150911peach-kakuyasu


韓国語を実際に使う、というのは、ネイティブの韓国人相手に話す、ということに限らない。


韓国のサイトの記事で情報収集するのでもいいし、韓国語の子ども向けの絵本を読むのでもいい。


とにかく、初心者向けに加工されていない、

 ナマの韓国語

にふれる機会を増やすのだ。


もちろん、韓国ドラマを見るのでもいい。

韓国ドラマを見て、その中で、聞き取れたセリフを声に出して言ってみる。


もっとうまくなってから、韓国語を話そう、と思っていると、いつまでたっても話せなくなる。


いちばん、ドラスティックで、効果があるのは、

 韓国に一人で旅行すること

である。

これがいちばんの韓国語実践法だ。


海外旅行をすると、たくさんの刺激を受けるので、脳が活性化する。

そこで、自分が覚えた韓国語を話してみることは、最高の実践法になる。


日本で1か月勉強するよりも、韓国で数日過ごす方が、五感が受ける韓国語の情報量ははるかに多いはず。

最近は、ピーチなどの格安航空もあるので、うまく利用すれば、国内旅行より安く行けたりする。


なかなか上達しない、という人は、この

 実践

が欠けていることが多い。


泳ぎも、いつまでも浮き輪をつけていては上達しない。


韓国語も、実際にネイティブの中で使ってはじめて、その真価が発揮されるのだ。


今すぐ、韓国へGO!!







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ