韓国語の小説 大ベストセラー&ロングセラー 「太白山脈」趙廷來(チョウジョンネ)全10巻 読みだしたらとまらなくなるおもしろさ 歴史を学びたい人に


150918hangl-hancha



「太白山脈」(趙廷來)

全10巻の大作だ。

1945年から朝鮮戦争が終わるまでをえがいている。

同じ作家の作品に、

  •  漢江(ハンガン) 原題 한강
  •  アリラン 原題 아라랑
がある。

 

どちらも全10巻の長編だ。

時代としては、

アリラン→太白山脈→漢江

だが、書かれた順番でいうと、

太白山脈→漢江→アリラン

になる。



アンソンギが主演で映画化もされている。


【税込み】【3500円以上で送料無料】【レンタル落ち中古DVD】太白山脈 【字幕のみ】アン・ソン…



今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」


ただ、映画ではえがききれない世界だ。

ぜひ、韓国ドラマで放映してほしいと思う。

 

「太白山脈」は日本語に翻訳されている。

残念ながら、今は出版社では絶版になっているようで、一般の書店には置いていない。

 

ネットでも一部が手に入る状態のようだ。



ただ、大きな図書館に行けば置いているので、図書館で借りて読むことをおすすめする。

 

私は今、この小説を韓国語で読んでいる。

今、9巻目だ。

 

全羅道(チョルラド)の方言が、情感たっぷりにえがかれていておもしろい。

 

激動の時代を生きた人たちを、その心の奥にまで入り込みあざやかに再現する。

小説を書く人というのは、天才だと感心する。

 

ひとりの人間が、ここまで、さまざまな立場の人々の気持ちになりきって、それを表現できるものかと、感嘆するのだ。

 

趙廷來(チョウジョンネ)の韓国の自然の情景をえがく文章もいい。

とにかく、表現力がすごい。

 

韓国では、この小説は、

雑誌「現代文学」

で連載が開始された。

 

連載が始まったのは、1983年6月。

小説が完成したのは、1989年だ。

 

その後も、何度も加筆訂正を加えている。

私が読んでいるのは、2014年12月出版された 第4版 53刷だ。

 

作者の趙廷來(チョウジョンネ)は、今も旺盛な作家活動を続けている。

 

最近出版した「정글 만리 (ジャングル万里) 」

は、弱肉強食が支配する中国のビジネスの現在をえがいた小説で、全3巻と大部だ。

 

この小説も今、韓国でベストセラーになっている。

 

今度、韓国旅行に行った時は、ぜひ買って来ようと思っている。

趙廷來(チョウジョンネ)が、今の中国をどのようにえがいているのかが、とても興味があるのだ。










韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ