韓国語をマスターする 韓国語の達人になる方法 最初に出会う入門書が大切 一冊を徹底してリピートしよう!


150918hangl-hancha


韓国語をマスターしたいと考えた時、ゴールをどこにもっていくのかが重要になる。

ただ、学び始めたばかりでは、わからないものだ。

何ごとも、やり始めると、そこで新たな課題が出てくるからだ。

韓国語の勉強を始めることで、

リウルパッチムの発音がむずかしい

とか、

濃音って、どうやって発音するのかわからない

とか、新しい課題に直面する。

こうやって、ひとつひとつ、自分に与えられた課題をクリアしていくのが、韓国語をマスターする道だといえる。

 

だから、始める前からあれこれ考えるのは、意味がない。

とにかく、まず、韓国語の入門のテキストに取り組んでみることだ。

いちばん避けなければいけないのが、

韓国語のテキストのはしご

である。

 

どんな本でも、とにかく、一冊をとことんやれば、力はつくもの。

ちょっとやって、また他の本に目移りしていると、いつまでたっても、入門を卒業できなくなる。

 

本を買うことで満足する人も多いが、韓国語に関しては、

やってなんぼ

である。

 

韓国語のテキストを買っただけでは、なんにもならない。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】できる韓国語初級(1)新装版 [ 新大久保語学院 ]


その韓国語のテキストがボロボロになるまで(=アマゾンで売れないくらい)勉強することだ。

 

また、それくらいになると、愛着もわいてくるもの。

資格試験でも、語学でも、図書館で本を借りて勉強しようというのはおすすめしない。

特に、韓国語の場合は、勉強して韓国語を身につければ、一生の財産になる。

 

言いかえれば、やらないと損なのだ。

 

だから、本を選ぶときは、この本で韓国語をマスターするという覚悟で選ぼう。


延世大学韓国語学堂 延世韓国語1-1 Japanese Version(CD1枚付)


選んだら、とにかく、その韓国語の本を徹底的にやりこむことだ。

 

次の本に移るのは、その最初の韓国語のテキストを完全にマスターしたあとだ。

多読、というのは、韓国語においても有用だが、韓国語の入門書の多読は、

百害あって一利なし

であることを肝に銘じよう。







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ