韓国語をマスターするために必要なものは「才能」でも「根気」でもない!この2つの「習慣」で韓国語の勉強がやりたくてたまらなくなる


150915-Korean-study-daily-habit



韓国語を勉強することは、今や私にとって生活の一部になっている。

朝は起きたらすぐに韓国語の小説(今、読んでいるのは趙廷來-チョジョンネ-の「太白山脈」)を読む。。

これは、もはや習慣化しているので、ふつうの人が朝起きたら顔を洗うようなものだ。

この時に必要なものが、

 キッチンタイマー

だ。

基本的に、20分ごとに時間を測って読む

これが重なって、60分になることもある。

つまり、20分が最低のユニット(単位)だ。

もちろん、他の予定が次にあったり、寝坊した時は、これが10分、あるいは5分になることもある。

韓国語の小説を読んでいて、気になる表現や単語を見つけたら、ページの横に付せんを貼る。

そして、その日のノルマを読み終えたあとで、その韓国語をノートに書き写す。

忘れてはならないのが、記録だ。

その日読んだページ数と時間を、本の表紙の裏と、手帳の両方に記入する。

韓国語の音読も、一日のはじめに行う。

今読んでいるのは、詩だ。

2つの詩の音読をする。

1つは、昨年1年間ずっと音読してきたので、完全に覚えている。

だから、タイマーを3分に設定して、部屋の中を歩きまわりながら、感情をこめて音読する。

もう1つの詩は、机にすわって音読する。

これも3分間。

つまり、1日のはじめに、その日の韓国語のノルマをこなすわけだ。

だからよっぽどのことがない限り、

韓国語の勉強をしない日

というのは存在しない。

1年のうちで、韓国語の勉強をまったくしない日というのは、数日だ。

旅行をした時くらい。

家にいる限りは毎朝韓国語の勉強をやる。



150903koreandrama-study-Korean




今までやってみて思うことだが、大事なことや、あまり気が進まないことは、一日の早い時間にやるのがいい

午後になると極端にやる気がなくなるからだ。

韓国ドラマを見たり、ネットで探しものをするのは、夕方や夜でもできる。

だが、

 

 

というようなことは、

朝いちばんにするのが一番いい


掃除も、できるだけ朝にするようにしている。


人間のヤル気やモチベーションは、やはり午前中(朝起きてすぐ)がいちばん高いような気がする。

朝一番に韓国語の勉強をするようにしておくと、午後からいろんな用事が入っても、勉強のスケジュールは崩れないものだ。


また、手帳に韓国語を勉強した内容と時間を記入するのも、とても効果的な方法だと思っている。

記録すると、自分の韓国語の本を読むペースがわかる。

そうすると、新しい本を読む時にも、だいたいどのくらいで読み終わるかが予想できるのだ。

繰り返すと、
  •  韓国語の勉強は朝起きてすぐにする(短時間でもいい)
  •  韓国語の勉強をした内容と、時間を手帳に記録する

この2つが、韓国語の勉強を続ける秘訣といえる。












韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ