韓国語を「超高速」でマスターする!留学 or 独学 いちばん「安く」つくのはどっち?

150910korean-study-hajimega-subete

 

韓国語をマスターするためには、留学がいいのか、独学がいいのか

延世大学の語学堂に2年通ったのに、「発音が全然ダメ」 なぜ?


私が知っている人で、あの有名な

延世大学の語学堂

に2年間通い、韓国語能力試験6級をとった人がいる。

韓国語をまったく知らない状態で2年間留学して、この成果だ。

ゼロから2年で身につけたわけだ。

だが、相当なお金がかかっている。

(延世大学の語学堂の授業料は高いので有名)

 

だが、私が知る限り、彼女の発音は、

全然ダメ

だった。

 

ただ、2年間留学しているので、韓国の事情にはくわしく、意思疎通はできる。

ただ、韓国語の文字(つまり、新聞や小説)を読む量が少なすぎるため、ちょっと複雑な会話になるとついて行けない。

 

韓国語の発音に関して、彼女の場合は特殊な例だといえる。

私が知っている限り、

延世大学の語学堂

に通った人は、皆

韓国語の発音がとてもきれい

だ。

これは、語学堂の教育のすばらしさだと思う。

そういう意味で、時間とお金があるのなら、絶対に留学するのがいい

 

留学するなら、その前にまずTOPIK6級の実力を!


150927Korean-study
だが、同じ時間とお金を投入するなら、

日本で韓国語検定6級の実力

をつけてから留学すると、もっと、すごいことになるといえる。

つまり、

費用対効果

がいちばん高いのが、

日本で韓国語能力検定6級レベルの実力をつけたあとで韓国に留学すること

なのだ。

日本で、TOPIK(韓国語能力試験)6級の力をつけてから韓国に留学するとどうなるか?

まず、ネイティブの韓国語を吸収するスピードがまったく違う。

新・合格できる韓国語能力試験(TOPIK2) [ 全ウン ]


自分の中に、「韓国語のフィールド」ができているので、日常接するすべてのものからどんどん韓国語を吸収することができる。

留学先の教授からも、多くのことを学ぶことができるのだ。

何といっても、韓国語の文章を読む下地ができているから、留学先の環境(図書館の蔵書を読んで勉強したり)を

120%

生かすことができるのだ。

私のごく親しい友だちも、3ヶ月の短期留学で延世大学の語学堂に留学した。


韓国語の実力は、読解力で決まる


その友だちの場合はある程度、「韓国語の基礎」はあった。

留学先でボーイフレンドができて、そのまま留学を延長。

結局、延世大学の語学堂に1年近く通った。

でも、その友だちが、ずっと言っていたのが、

日本でもっと韓国語を勉強してから留学すればよかった、

ということだった。

延世大学の語学堂も後期の過程になると、

韓国語の読解

が中心になる。

 

ここまでくると、生半可(なまはんか)な韓国語の知識ではまったくついて行けないので、語学堂に通っても、

宝のもちぐされ

だというのだ。

つまり、日本で、できる限り独学で韓国語の力をつけ、小説も読んで韓国語の基礎力をしっかりつける。

それこそが、韓国語をより効率的に身につける方法なのだ。

 

韓国語の「完ぺきな発音」をモノにする方法


150917Korean-study-trip-toKorea

 

そして、韓国語の発音に関しては、ネイティブに学ぶよりも、日本語をネイティブとする人から学んだ方が、

どうすれば韓国語らしい発音ができるのか?

を教えてもらえるメリットがある。

延世大学の語学堂の中で、いちばん短いプログラムは、3ヶ月だ。

それにかかる費用は、

3ヶ月間の
  1. 授業料
  2. テキスト代
  3. 宿泊費
  4. 飛行機代
など、ざっと見積もっても、しめて

30万円

これはかなり少なめに計算した数字だ。

生活を楽しみながら、となると、もっと必要になる。

しかも、今は円安なので、けっこうたいへんだ。


しかも、韓国語に関して、何の基礎もない時点で一から学んでも、よほどがんばらなければ、ついて行くのに苦労する。

それならば、日本でテキストを通して、独学でまず、韓国語の基礎を身につけつつ、

韓国語の発音のポイントを適切な講師について学ぶこと

をすすめたい。

これが、いちばん

費用対効果

が高いやり方だといえる。

そうやって、

しっかりした韓国語の実力

をつけてから留学しても、まったく遅くない。

そしてその方が、かけた費用に見合う効果を得ることができて、結果的に、

リーズナブル

になる。

初心者は、適切な指導で一気にレベルアップする


韓国語を講師から教えてもらう方法としては、
  • スクールに通う方法
  • 個人レッスン
  • 通信教育
という3つの選択肢がある。

 

スクールに通うというのは、皆が考えることだが、意外ときまった時間をとることはむずかしい。

ただ、スクールに通うことが、生活の一環になると、韓国語の勉強を習慣化できる、というメリットがある。

また、2番目の個人レッスンも、学ぶ側が、目的をきちんともって、相性の合う講師から学べるならかなり効果的だ。

(ただ、費用はけっこう高くつくが)

そこで、意外とおすすめなのが、3番目の

通信教育

である。

韓国語の通信教育にもいろんなものがある。

ネイティブの指導を売りにしている講座も多い。

これは、スクールや個人レッスンに関してもいえることなのだが、

ネイティブに教えてもらうことが、必ずしも効果的とはいえない

なぜなら、ネイティブは、パッチムや、激音・濃音を、自然に身につけている。



1日15分であなたの韓国語をぐんぐん伸ばす!~通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開~【元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法・VIP集中コース】




ネイティブより日本人に学ぶことをすすめる理由


150923Korean-tango-kaku

天才的な運動能力を持った人が、指導がうまいとは限らないのと同じで、自分が自然に身につけたことを、人に教えるのはむずかしいものだ。

 

だから、日本語の発音から韓国語の発音を苦労して身につけた人に学ぶ方が、

韓国語らしい発音を学ぶコツ

を教えてもらえることが多いのだ。

スクールに登録だけして、何回も抜けると、結局お金のムダになる。

それなら、自由な時間を生かして指導を受けることができ、通信で添削を受けたりできると、勉強のモチベーションも上がる。

私が思うには、適切な指導が必要なのは、

本当の入門の時期



ある程度基礎が身についた時期

だ。

この2つの時期に、良い指導者にめぐり会えると、

ネイティブレベルの韓国語をマスター

することが、かなり現実的な目標になる。


1日15分であなたの韓国語をぐんぐん伸ばす!~通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開~【元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法・VIP集中コース】

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ