韓国語 は、「実践」がいちばんたいせつ 入門書をマスターしたら、「生きた韓国語」にふれよう! ネットではなく「紙」に書かれた韓国語を読むことの重要性




150918hangl-hancha



韓国語の入門が終わったら、あとはどんどん実践して行こう。

実践というのは、実際に韓国語を話す、ということだけではない。

 ナマの韓国語にふれることがたいせつだ。

 

具体的にいうと、韓国語の本を読み、韓国ドラマや韓国のニュースの韓国語をたくさん聞くことだ。

韓国語で書かれた文章をたくさん読むことは、ネイティブレベルの韓国語を身につける上でとても重要だ。

 

韓国のネットの韓国語に慣れるのもいいが、できれば、新聞や雑誌、韓国語の小説など、

紙に書かれた韓国語を読む

ことをおすすめする。

 

ネットで韓国語の文を読むと、どうしても、散漫になるからだ。

ネイティブではないわけだから、韓国語の文章を読んで理解するには、かなりの集中力が必要になる。

だから、一日少しずつの時間でもいいので、韓国語の文章だけに集中する時間を持つようにしよう。

 

できれば朝いちばんがいいが、電車の中など、一日のうちで本を読むことができる時間をどこかで見つけて、毎日続けることがたいせつだ。

今、韓国語の学習書はたくさんあるが、韓国語の入門書をマスターしたら、その後は、実際に生きた韓国語にふれることを心がけよう。

 


 

【定型外OK】韓国で大人気のポロロと一緒にお勉強♪【韓国語・知育絵本】寝る時間ですよ ポロロ!

【楽天ブックスならいつでも送料無料】そこまで知ってる!?ネイティブも驚く韓国語表現300 [ …

韓国語絵本 大きな木「おおきな木 (童話/惜しみなく与える木)」東方神起 韓国語 絵本



いつまでも、学習書だのみではいけない。

自分の足で、韓国語の海を泳いでいくことが重要なのだ。

 

生きた韓国語を学べるのは、何といっても、韓国ドラマだ。

最新の韓国ドラマを見ていると、韓国で今何がはやっているのかもわかるし、新語も覚えることができる。

 

特に、韓国で毎日放送されるホームドラマはおすすめだ。

1回30分と時間も手ごろだし、スタンダードな韓国語が使われるので、初心者が韓国語を覚えるにはぴったりだからだ。










韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ