即効韓国語・韓国語の入門を一気にマスターしたら「子ども向けの絵本」を100冊読もう!これで韓国語は一気にネイティブレベルになる!!

150920Korean-study-dowanosusume

私が、ハングル検定1級の勉強を始めたとき、いちばん痛感したのが、

文章力

正確にいうと、文章力というよりは、

韓国語の書き言葉に慣れていない

ということだ。

韓国ドラマはずっと見ていたが、韓国語の活字にふれることがおろそかになっていた。

もちろん、韓国語の文章を読んで、わからない単語を調べながら読むことはできる。

でも、ふだん、

韓国語の活字

と接する機会が少ないために、

韓国語の文章を読むのにとてつもなく時間がかかる。

具体的にいうと、

ぱっと頭に入ってこない。

新聞などを読んでも、

1行ずつ

読むので、じれったいほどの時間がかかる。

ふつう、日本語の文章を読む時は、たいてい数行(2~3行)ずつ、目に入るはずだ。

そして、そういう読み方を自然にしている。

 

なのに、韓国語の場合は、

逐語読み、になってしまっている。

 

こうなると、読む速度はおそろしくおそくなる。

 

こういう事態を避けるためには、ふだんから、

韓国語で書かれたナマの文章

に慣れておくことだ。

 

インターネットのニュースサイトから、ある記事をプリントアウトして、すきま時間に読んだり、そういう

韓国語の活字にふれる時間

を一日の中でつくる。

150920Korean-study-dowa

それを続けることによって、だんだん、韓国語の文章に目がなれて、読むスピードも少しずつだがアップしてくる。

そこで、韓国語の入門を終えたら、

韓国語で書かれた絵本

を読むことをおすすめする。

 

絵本は、文字が少なく、絵が多いので、理解しやすい。

 

文章量が少ないことで、とっつきやすい。

 

韓国の子どもたちが最初に覚える擬態語にくわしくなる

 

というメリットがある。

 

絵本をできれば大量に読むことをおすすめする。

 

だが、そうなると、けっこう費用がかかる。

図書館で借りて読むのがいい。

あるいは、韓国語を勉強する仲間がいたら、共同で購入して、音読会をする。

 

人に読み聞かせると、知らないうちに、発音やイントネーションも良くなるものだ。

 

できるだけ多くの絵本を読み、できれば音読もしてみると、もっといい。

ナレーターになったつもりで、感情をこめて読んでみたり。

 

韓国女優のチェシラ(韓国ドラマ「やさしくない女たち」)には、ふたりの子どもがいるが、子どもたちにはいつも絵本の読み聞かせをするという。

トーク番組で、そのシーンを再現していたが、さすが女優だけあって、

感情移入

がすばらしく、それぞれの登場人物によって声色(こわいろ)を変え、楽しく読む姿が印象的だった。

 

絵本を100冊くらい読んだら、韓国語の基礎力はバッチリだと思う。

おすすめの方法だ。

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ