おすすめ 韓国ドラマ 「パンチ~余命6ヶ月の奇跡 原題 펀치」 最終回 キムレウォン ラストまで息つくひまなく見せる すごい展開に感動!




160302punch

韓国ドラマ 「パンチ~余命6ヶ月の奇跡 原題 펀치」(キムレウォン・チョジェヒョン・チェナムギル・キムアジュン) 最終回

14話まで息もつかずに見て、「疲れ」を感じてしばらく視聴を休んでいた。

15話からまた復活したのだが、すぐにドラマの世界に入ることができた。

キムレウォンは本当にすごい俳優だ。


脚本を書いたパクキョンスと、韓国ドラマ「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」を演出した制作陣もすごい。

17話から、ドラマはますます予測不能の世界に入っていく。

キムレウォンは、本当の悪である、法務部長官のユンジスク(チェナムギル)と、検察総長のイテジュン(チョジェヒョン)の二人を追いつめようとする。

ドラマの最初では、正義の味方のように見えていたユンジスク(チェミョンギル)が、実はきわめて個人的な息子の兵役忌避問題を隠ぺいするために、キムレウォンを陥れた事実。

そして、その苦境から抜け出すために、キムレウォン(パクチョンファン)はユンジスクが、打倒の対象とするイテジュンと手を組んだ事実。

恵まれた環境に生まれ、一切自分の手を汚すことなく、栄光の道を歩んできたユンジスク。

だが、その本質は、息子の兵役忌避問題が世間にあかるみに出ることにより、自らの名誉が傷つき、退陣を与儀なくされることをおそれている。

ユンジスクがいつも語るのは、「イテジュン検察総長を追いやり、信頼できる人物で検察組織を再編成」して、検察を改革するという名分だ。

だが、自身の汚点を隠す行為が、次々と新たな罪に手をそめることにつながっていく。

17話の終わりにいたって、ついに、踏み入れてはならない領域にアクセルを踏みだすチェミョンギル。

そこから18話・19話への展開のしかたは見事だった。

ふつう、よくできたドラマでも、最終回の1話手前になると、ラストの展開が見えて、スピードダウンするものだ。

こういう点が、私が、

最終回不要論

を唱える根拠の一つであったりもする。


【DVD】パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜DVD-BOX2キム・レウォン [BWD-2934]

U-NEXTで31日間無料見放題!


151027punch

だが、最終回まで一気に、しかも最後の瞬間まで息をつかせない。

そして、あざやかな反転。

死期が迫るキムレウォンが、発作の時に、なぜ痛み止めのアンプルを注射しなかったのか、その理由を後で視聴者は知ることになる。

この時のキムレウォンの演技は、鬼気迫るものがある。

 

脳腫瘍が末期となり、動かない足で、地下鉄に下りる階段を転げ落ち、それでも走り続けるその姿を見ていると、キムレウォンと一緒に走りたくなってくる。

 

キムレウォン演じる検事パクチョンファンは、本当に頭のいい人物だ。

 

脚本を書いたパクキョンスは、

韓国ドラマ「チェイサー 追跡者 原題 추적자」(ソンヒョンジュ・キムサンジュン)

 韓国ドラマ「黄金の帝国 原題 황금의 제국」(コス・イヨウォン・パククニョン・キムミスク)

から、はるかにグレードアップしている。

 

情緒的な部分にも細やかに配慮しつつ、ドラマの躍動感ある展開と、視聴者の予想を次々と裏切るシナリオは本当にすばらしい。

 

この韓国ドラマ 「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」は、2014年の年末から2015年 3月にかけて放映されたドラマだ。

SBSの2015年の最優秀演技大賞が、なぜキムレウォンでなかったのか、疑問に感じるほど。

実際には、キムレウォンではなく、韓国ドラマ「ヨンパリ」のチュウォンが受賞した。

 

だが、韓国ドラマ「ヨンパリ」を10話まで見たところでは、「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」のキムレウォンの方が圧倒的にその資格があるように見える。

 

キムレウォンは、圧倒的な迫力の演技力で、主人公のパクチョンファンという人物を演じきった。

最終回の、ラストのエンディングテロップが流れるまで、深い満足感で見終えることのできた韓国ドラマ 「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」に感謝したい。



【DVD】パンチ〜余命6ヶ月の奇跡〜DVD-BOX2キム・レウォン [BWD-2934]

U-NEXTで31日間無料見放題!






韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ