韓国旅行 ソウル 【ポケットwifiルーター】を 現金払いで 仁川空港でレンタルする方法

150917Korean-study-trip-toKorea

 

韓国旅行の必需品 ポケットwifiルーター




韓国旅行に行く時に、絶対に必要なのがwifiルーターだ。

ポケットwifi 〈ワイファイ〉なので、本当にコンパクト。

キッチンタイマーより小さい。

このwifiルーターがないと、スマホがまったく使えないので、韓国旅行の必需品だ。

もちろん、仁川空港の中では公共のwifiがあるので、スマートフォンを使用することができる。

でも、一歩空港の外に出ると、このポケットwifiルーターがないと、移動中にインターネットに接続することができなくなる。


仁川空港には、wifiルーターをレンタルしてくれるカウンターがある。

1階到着フロアのGATE8~9のまん中あたりにある。

レンタルする時に必要なのは、パスポートとクレジットカード。

そして、いつまで借りるかをつたえる。

その時に、クレジットカードの提示を求められる。

もし、クレジットカードを持っていない、という人は、この際カードを作ることをおすすめする。

最初に作るなら、このクレジットカード!


発行が早いのと、とにかく使い勝手のいいクレジットカードだ。

また、すでにクレジットカードを持っているという人も、できれば違うブランドでもう一枚持っておくと安心だ。

楽天カード
なら、最短で1週間で発行されるのでおすすめだ。




韓国では日本よりもクレジットカードで支払いできる店が格段に多い。

屋台とかではない限り、小さなショップでもクレジットカードに対応している。

VISAとマスターがあるが、両方のブランドで1枚ずつ作っておくと安心だ。

楽天カード
なら、VISAとマスターのどちらかをセレクトすることができる。

海外旅行でたくさん使うとポイントが貯まり、そのポイントで、楽天市場で買い物もできる。





このクレジットカードは、万が一の時の身分保障のためのもので、実際に精算するのは「後払い=返却時」になっている。

だから、返却する時に、残っている韓国ウォンでレンタル料金を支払うことも可能だ。

料金は、

8000ウォン/日


1日約800円。


ポケットwifiは、あらかじめある程度充電されている。

でも、満充電ではないので、途中で切れる可能性もある。


ホテルに着いたら、追加で充電しておく方がいい。

使い方はカンタンで、本体(ルーター)にあるパスワードを入れるだけ。

1台で数人使えるので、よほど

だが、ずっと思っていた。

仁川空港は広い。

空港ですることは少ないに越したことはない。

去年の年末に韓国に行った時は、事前に

ウォンの両替

も宅配で済ませていた。

空港の両替所よりも、手数料も安い。

そしてwifiルーター

韓国によく行く、という人でも、空港でレンタルする人は多いのではないだろうか。

荷物が多かったり、バスに早く乗りたい時など、キャリーケースを引っ張って、あっちへうろうろ、こっちへうろうろするのはできるだけ避けたい。

特にこのwifi。

日本に帰国する時がクセモノなのだ。

ただでさえ時間がないのに、あの広い仁川空港の中を、このwifiの返却のためにウロウロ歩き回らなければならない。

外貨の両替や、wifiの返却もするとなると、けっこう大変なのだ。

 

 

宅配してくれる格安のポケットwifiがあった!

そんな時、超便利なサービスを見つけた。

韓国データ

韓国専用ポケットwifiルーター


だ。

韓国の有名なLG社の製品。超高速の4GLTE対応で、どんなところでもスムーズにスマホがつながる。

使用できるのは、韓国全域だから、ソウルだけでなく、韓国全域でつながる。

 

韓国の空港でレンタルしているのもLG社の製品だから、品質とネームバリューは間違いなし。


 

しかも、一日の料金は、

590円/日

海外での使用となるため、

消費税は非課税

というからうれしい。

 

ちなみに、空港でLGのwifiをレンタルすると、

約800円/日

 

だから、値段もダンゼン安い。

 

また、このポケットwifiの便利なところは、1回の充電でほぼ1日使えるところだ。


このパワフルさはうれしい。

空港でレンタルした場合、満充電しても、一日の終わりごろにはバッテリーがなくなることが多かった。

でも、このポケットwifiだと、ホテルに帰った後、寝る時に充電しておけば、翌日はバッテリーが切れる心配をしなくて済む。


料金の安さもさることながら、私がいちばん重宝しているのは、

韓国に旅行する前に、宅配で自宅にwifiを届けてくれる

というところ。

 

もちろん、送料は無料。

 

事前に手続きすれば、空港で受け取ることも可能だが、自宅に届けてもらうのが絶対便利。

また、自宅じゃなくても、勤務先など、指定の場所に届けてくれる。

 

宅配は、出発の2日前までに届くので、事前に説明をゆっくり見て充電しておくことができる。

(説明を読むほどもないくらい、使い方は超カンタンだ)

送られてくるのは、wifiルーター本体と説明書・ポーチ・充電器・変圧器・返信用の切手が貼られた封筒だ。



もし、韓国用の変圧器や、ルーターの接続コードと同じものを持っているなら、本体のwifiルーターのみを持って行って、他の部品は家に置いて置くことをおすすめする。

旅行先のホテルで移動が多い場合、コードを忘れることがあるからだ。

私は一度これをやってしまった。

変圧プラグを紛失したのだ。

1000円を弁償することになった。


それ以来、付属品はすべて家に保管し、本体のwifiルーターだけを持っていくことにしている。

ポケットwifiは常にスマホと一緒に持ち歩くため、なくすことはまずないからだ。

申し込み時に、予備のバッテリーや保険には申し込む必要はない。

料金を節約するために前もって申し込んでいるのに、反対に割高になる可能性があるからだ。

不要なものは申し込まず、ポケットwifiだけにしよう。







また、楽天のIDが、アマゾンのIDがあれば、そのIDを使って申し込むこともできるから、いちいち記入する手間が省けてカンタンだ。





つながるWi-Fi




返却は、帰国の翌日にポスト投函でOK(送料無料)

 

また、返却も、

 

帰国した次の日

 

にポストに投函するだけ(送料は無料)、という簡単さ。

帰ってきたその日は疲れていて、ついうっかり忘れてしまいがちなので、このサービスは本当に助かる。

しかも、料金も空港でレンタルするより格安。

ちなみに、返却の送料も無料というサービスは≪韓国WiFi≫
だけだ。

対応の早さと、窓口の親切さで、私はもっぱら≪韓国WiFi≫
を利用している。





料金が空港より安い上に、前日までに宅配してくれて、帰国の翌日ポスト返却。

しかも、wifi1台で10台まで登録できる

友だちと旅行して、一緒に行動するなら、全員のスマホを登録することができるから、超リーズナブルだ。

ウォンの両替と、wifiのレンタルを出発前にしておくと、韓国についてからバタバタしなくて済む。

 

つながるWi-Fi

また、韓国旅行が事前に決まっている場合は、早目に予約しておくと、

早割

が適用されるので、よりお得になる。

自宅で受け取れない、という人は職場を受け取り先に指定することもできる。

もし、時間がない場合は、出発日に空港で受け取りも可能だ。

ただ、注意しなければいけないのは、あまりに直前だと、在庫不足で借りれない場合があること。

飛行機のチケットを予約したら、すぐに、ポケットwifiもレンタルしておくと安心だ。


【格安航空券】で 韓国 ソウルに 安く行く方法 〈飛行機 ・ホテル〉を 超お得に予約する 裏ワザ! 大韓航空・アシアナ・チェジュ航空・ジンエア

【格安航空券】 (LCC)で韓国に行く 今人気の チェジュ航空 と ジンエア(JIN AIR)に乗ってみた!

韓国旅行 ソウルに「格安航空券」で行く方法 絶対安いのはやっぱりピーチアビエーション 「タイムセール」を利用すると信じられないくらい安い

 

「空港での返却不用」でバタバタせずにカフェラテを楽しめた


 

特に、今や韓国旅行に必須のスマホ。




スマホさえあれば、アプリを使って、空港バスがあと何分で到着するか、もすぐに調べられる。

韓国の空港バスは、平気で2~30分遅れるから、余裕で出発したつもりでも、バス乗り場で長時間待たされることも。

 

こんな時も、wifiを利用してスマホのアプリで「空港バスの運行状況」を調べれば、送れたバスを待っている間に、さっとコンビニに買い物に行くこともできる。

特に、韓国に旅行したら、韓国の新聞は絶対買って来よう。

 

最新の韓国のニュースが載っているし、韓国ドラマで何がおもしろいのか、何がはやっているのか、ということも、韓国の新聞を読むと、いち早くゲットできる。

値段も安いし、情報量も多く、文体がすばらしいので、韓国語の勉強には最適だ。

忘れずに買っておくことをおすすめする。

 

私は、韓国に旅行に行った時は、必ず毎日、2種類の新聞を各1部ずつ買っていた。

 

それを日本に帰ってから毎日、風呂の中で読むのだ。

韓国の新聞は、韓国語の勉強に必須のアイテムだと思っている。

インターネットだとついつい自分の好きなニュースに関心が行ってしまいがちだが、新聞だと韓国語の文章だけに集中できるからだ。

 

空港バスが遅れたり、空港で手続きに予想外に時間がとられたり、韓国旅行ではスムーズに行かないことが多い。

 

そんな時、空港でwifi返却の必要がない、というのは、経験してみると、本当に楽だった。

 

今までは、旅行の余韻にひたるヒマもなく、あの広い仁川(インチョン)空港を走りまわっていたが、今回の旅行は空港で、

 

カフェラテ濃いめ

 

を楽しむ余裕があったほど。


art-heart-caffeine-coffee-poporon



 

韓国専用ポケットwifiルーター
は、フル充電で8時間使用できるから、一日戸外にいても十分使える。

ホテルに帰って充電しておけば、翌日はまたフルに使うことができる。

 

空港のレンタルwifiは、最初、数時間分しか充電されていない。

 

これだと前日に宅配してもらえるので、家でフル充電することができるので安心。

韓国旅行をフルに楽しんで、映画を観たり、チェジウ韓国ドラマ「2度目の二十歳」で食べていたやみつきチキンを食べたり、韓国ドラマ「密会」の舞台を訪ねたりするためにも、事前にwifiを準備しておくことは必須だと思う。

 

たぶん、一度利用したら、次はもう空港でwifiレンタルしようとは絶対に思わないはず。

 

韓国旅行を楽しむには事前の準備がたいせつ。

特に絶対に必要なもので、日本で準備できるものは、日本で用意しておくことだ。

かくいう私も、今回は出発前にバタバタしていて、化粧水や乳液も現地調達するハメに。

クリスマス前に訪れた韓国・ソウル。

梨花女子大学(イデ)の近くのショップ(イデの近くには化粧品の店がたくさんある)で、化粧水を買おうとしたら、日本のドラッグストアだと安い日本製の化粧水や乳液が、「超高い値段」で売られていててビックリした。

しかも、旅行用のミニサイズなど、どこにも売っていない。コンビニにもなかった。
日本で買うと安いのに、結局、韓国で割高のものを買うことになってしまって、後悔した。

日頃から、韓国旅行に持っていくものは、事前に準備しておくべきだと痛感した。

 

だから、これからも、ウォンの両替とwifiは、宅配サービスを利用するつもりだ。

そして、化粧水と乳液は、「旅行用のミニサイズ」を格安でしっかりとゲットしておこうと決心している。笑

〈格安航空券〉で 済州島 にあるG-DRAGONのカフェ 【モンサンド エウォル】に【チェジュ航空 JEJU AIR】を利用して 行ってきた!


つながるWi-Fi

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ