韓国人がよくする質問「학번 ハクポン」て何?韓国人が一番知りたい「 年齢」と「家族」のこと





150922jisyo1-shiraberu

韓国に行くと、

몇 학번이에요?

と聞かれることがある。

これはどういう意味かというと、

何年に大学に入ったのですか?

ということで、「入学した年度」を聞いている。

間接的に年齢を聞く質問でもある。

つまり、

15학번

だと、「2015年に大学に入学した」ということになる。

そこから自動的に年齢が割り出される(!)わけだ。

この表現は、

韓国ドラマ「妻の資格」

で、知った。

キムヒエとイソンジェの2家族がキャンプに行くのだが、キムヒエの夫(チャンヒョンソン)が、歯科医のイジョンジェに対し、

몇 학번이에요?

何年に大学に入学したのですか?

と聞くのだ。

そして、自分の方が年が上ということをはっきりさせたうえで、急にえらそうな態度になる、という展開だ。

【送料無料】 妻の資格DVD-BOX2 【DVD】
 

150912tsumanoshikaku-jukensensou

この表現がなぜ生まれたかというと、たぶん、兵役制度とも関係があると思う。

卒業年度では年齢がはっきりしないからだ。

韓国では、大学在学中に兵役に行く男性が多いので、日本のように4年で卒業ということはまずない。

日本のような「新卒」の概念はないのだ。

韓国で23歳か24歳で新卒で就職ということはまずない。

男性の場合は兵役があるし、また女性もそうだが、大学を卒業してその後、大学院に進学したり、海外に留学したりするケースが多いからだ。

アメリカがそうであるように、韓国は学歴社会で、博士の肩書を持っていることが、就職や給与に大きく影響する。

日本のように留年してまでとにかく「新卒」で就職、という文化はないようだ。

それよりは、自身の学歴をアップさせようとする傾向の方が強い。

不況のせいか、公務員の人気が高く、公務員試験の合格を目指して何年も過ごすひともいるという。

韓国ドラマの中にも、そんな受験生が登場したりする。

そして、韓国は、日本以上に年齢に関しては敏感な社会なので、韓国人は、会うとかならず「相手の年齢」を聞き出そうとやっきになる

年齢の次は、家族関係をかなり深くきいてきたりする。

こういうところは日本とはかなり違うと思う。

これをうまくかわすのはかなりむずかしい。

たいていの場合、きっちり答えるまで納得してくれないからだ(笑)。



1日15分であなたの韓国語をぐんぐん伸ばす!~通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開~【元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法・マスターコース】





今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」



キャッシュパスポート



【ブライトニングフォーミュラ】



どろあわわシリーズ





ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ