韓国 三つ子(テハン・ミングク・マンセ) 1年ぶりにアッパ(お父さん)のソンイルグクとスキー場へ 「 お使い」を忘れて3人が食べたのは?




160202superman2

「スーパーマンが帰って来た」


韓国俳優ソンイルグクと三つ子(テハン・ミングク・マンセ)は、スキー場へ。


1年前と比べると、成長はいちじるしい。


スキーをすべる楽しみも覚えたのか、ミングクも楽しそうだ。


だが、マンセは、体はだらーんと、インストラクターに預けている。


自分でがんばってやろうとする気がない。


そして、雪の上でころんで、小さな雪のかたまりを口に入れている。


今、韓国語の小説「太白山脈」(趙廷來)を読んでいる。


その中で、パルチサンたちが食料がつきて、冬のチリ山で、雪と塩をなめる、というシーンがあった(10巻)。


マンセのそのしぐさに、小説のそのシーンがかぶる。


ソンイルグクは、三つ子たちに、インストラクターの先生たちに、おやつを買ってくるように、三つ子たちに言いつける。


特に、返事だけは元気がいいミングクは、

 예

 はい!

と元気よく売店へ。


売店に行くと、3人は「ケバブ」を頼むのだが、お使いのことはすっかり忘れて、自分たちが食べている。 笑


途中で任務を思い出したミングクは、自分が半分食べたケバブをソンイルグクに持っていく。


そして、アッパのソンイルグクから、

 先生に渡す分は?

と聞かれてあわてるミングク。


売店に戻り、ホットドッグを注文する。


人数分のホットドッグを買って持っていくのだが、ミングクは最後のひとつは自分の分だという。


最後はしぶしぶあきらめて、インストラクターに渡す。


インストラクターたちが、ミングクたちの気持ちを察して、一緒に食べよう、と言って一件落着。


三つ子の性格の違いは、ここにもあらわれておもしろい。


マンセは、一生けんめいに頑張る、というところがない。



160202superman


雪山で倒れて、空を見上げ、


  空がきれいだ


とか言っている。


雪を食べて、

 どんな味?

と聞かれ、

 イチゴの味!

と答える。


マンセは、ロマンを愛する男である。

型にはまらず、とらえどころがないところが魅力だ。


ミングクは、機転もきき、元気がいいが、食べ物の誘惑には弱い。


テハンは、3つ子の中でいちばんおとなしい。


小さな頃から、ソンイルグクが、

 テハンは長男だから弟たちのめんどうを見るんだよ


と言いつづけてきたので、ソンイルグクの言いつけをよく守る。

要領よくふるまうことができない。


そんな、三つ子の性格の違いも、ずっと見ているとわかって、楽しい。







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ