ソウル旅行 ソウルグルメは足で見つけること ガイドブックにたよってはダメ ホンデの映画館(「インサイダーズ/内部者たち」)で食べた「イカの足」も超美味




160105possam


今回の韓国旅行で、ソウルのバスにけっこう慣れたのは大きな成果だった。

교통카드 

 交通カード

が大活躍だった。

 

韓国旅行をする時は、その旅の一番の目的地に便利な位置にあるホテルを選び、そのホテルの周辺を歩きまわるのがいい。

ホテルは、バスや地下鉄、空港バスなどのアクセスがいい場所にあるホテルを選ぶこと。

 

連泊する時は、服の着替えは少な目にして、コインランドリーで洗濯すると荷物が少なくてすむ。

韓国は床暖房が効いているので、冬など、部屋干しでもけっこうよく乾く。

また、冬の韓国は室内は半そででもOKなくらいあったかいので、部屋着の上に羽織る上着は不要だ。

私も今回、ユニクロのフリースを持って行ったのだが、一回も着ることはなく、荷物になっただけで失敗だった。

 

今回は、新村(シンチョン)の近くのホテルに泊まったので、その周りの地理にはけっこう詳しくなった。

新村では、キョチョンチキンを2回も食べた。

 

化粧品の店がたくさんある、イデ(梨花女子大学)の近くのストリートもよく歩いた。

このあたりは、次々に新しいショップができていて、見るだけでも楽しい。

 

韓国女優のチョンジヒョンキムヘス、イボヨンの大きなポスターが店の前に貼られていた。

 

ソウルの地理に詳しくなるために、韓国旅行のたびにピンポイントに、泊まったホテルの周りを歩きまわるのがおススメだ。

 

そして、もう一つの旅の楽しみである、食事。

ソウルグルメは、足で見つけるものだ、ということを痛感した。

ガイドブックに載っていなくても、おいしい店はたくさんある。

そんな店を自分の足で見つけるのも、韓国旅行のだいご味だ。

 

今回は、行き当たりばったりで店を選んだが、どれもおいしかった。

サムチョンドン(三清洞)に行った時も、人気の行列の店ではなく、その隣りの店で、

  보쌈  ポッサム

豚を蒸したものをスライスし、それにいろんな野菜(ニンニクなど)やヤンニョム(ミソなど)をのせて食べる料理。

エゴマの葉で包んで食べたりする。

 

を食べたが、肉がジューシーで最高においしかった。

 

食事に行って、「知らないメニュー」を見た時は、店の人に説明を聞くよりは、とにかく頼んでみるのがいい。

出てきたものを食べ、実際に味わうことで、料理の名前も覚えることができる。

ガイドブックに頼って、「安全な旅」をするよりは、失敗しても新しい店を開拓する方が楽しい。

どちらかといえば、ソウルの地元の人がよく行く店はおいしい可能性が高い。

 

イ・ビョンホン 王になった男 DVD(日本版)

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

160105naibusya

そして、韓国に行ったら、ぜったい映画は見ること。

朝だと、早朝割引で、

5000ウォン(約500円)

で見ることができる。

そうでなくても、

8000ウォン(約800円)

だから、リーズナブルだ。

 

そして、韓国の映画館は、食べ物もおいしい。

今回のソウル旅行で、今韓国で大ヒット中の

韓国映画「インサイダーズ/内部者たち 原題 내무자들」(イビョンホン・チョスンウ)

をホンデの映画館で見た。

 

映画館で売っているスナックで、

イカの足

が美味だった。

 

イカの足を揚げて、甘辛く味付けしてある。

イカの足と身のどちらかをセレクトできる。

やはり、食べ物の味のレベルは、どこに行っても高かった。

 

次のソウル旅行では、屋台の料理にチャレンジしたい。

特に韓国ドラマ「2度目の二十歳」で、チェジウイサンユンが食べていた、テハンノ(大学路)の屋台で売っている

 마약꼬치マヤクコチ

チキンの串焼き

 

はぜったいに食べたいと今からねらっている。







韓国ドラマ ブログランキングへ


ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ