2016 おすすめ 韓国ドラマ「記憶」 イソンミンの見事な演技力に感動 若年性アルツハイマーにより 少しずつ感情がくずれて行く  ジュノ(2PM)・パクジニの演技もいい



160418kiok


韓国ドラマ「記憶 原題 기억」(イソンミン・キムジス・イジュノ)


キムヘスとイジェフンの韓国ドラマ 「シグナル」の後に始まったドラマ。


主人公のイソンミンは、巨大ローファームに所属するやり手の弁護士。

顧客は超VIPばかり。


財閥の御曹司など、

 싸가지 生意気

かつ

 お金はあり余るほど持っている


人間たちだ。


この韓国ドラマ「記憶」に出てくる、巨大財閥の御曹司役がほんとうに、憎たらしい。(それだけ演技がうまい、ということなのだが)


弁護士がいても、その前で平気でゲームなんかをしている。

人を人と思っていないナメた態度。


30代の若さで副社長。

会社の部屋には、アニメのガンダムみたいなグッズがところせましと置かれている。

こいつはたぶん、オタクだ。


イケメンで背も高い。

態度も当然デカい。


イソンミンについて来た新人弁護士のイジュノ(チョンジン)からすれば、ムカついてたまらない相手だ。


160427joonho


そんな生意気な人間の前でも、いつも冷静さを保つイソンミン。


ところが、そんなイソンミンに

 若年性アルツハイマー

の診断が下される。


少しずつ、行動がおかしくなっていく。


おさえていた感情が、突然、マグマのように噴き出してくる。


イソンミンには、つらい過去がある。


最初の結婚でもうけた息子を、ひき逃げ事故でなくしているのだ。


夫婦は手をつくして犯人を追いかけたが、結局つかまらず。


イソンミンの最初の妻役が、裁判官のパクジニ(ナウンソン)。



160427kiok-kimjinhee


パクジニを久しぶりに見たが、すっかり落ち着いた感じになっていて驚いた。

5歳年下の男性と結婚し、子ども(女の子)が一人いるらしい。

しかも、この夫の職業も裁判官だという。


パクジニをいちばん最近に見たのが

 韓国ドラマ 「ジャイアント」(2010年)

だから、6年前だ。


パクジニは、あの三つ子(テハン・ミングク・マンセ)のアッパ(父)であるソンイルグクと、

 韓国ドラマ 「天地人 原題 발효가족」(2011年)

で共演している。


パクジニがソンイルグクと出演する韓国ドラマ 「天地人」は、今ならU-NEXTで無料で見ることができる。

 U-NEXTで31日間無料見放題!


パクジニ自身も、韓国ドラマへの出演は3年ぶりだという。



酔っぱらったイソンミンは、かつての妻と暮らしていた家に行く。


玄関の暗証番号を勝手にあけて、亡くなった息子のベッドで寝ている。


それを見て驚くパクジニ。


暗証番号をパクジニが変えなかったのは、別れた元夫への未練ではなく、失った息子が帰ってくるかもしれない、という母の心だ(と私は勝手に解釈した)。



イソンミンの体に起きた異変を知らない人間にとっては驚くことばかり。


抑制的だった感情が爆発し、ひき逃げ事件の証拠隠滅についてカンタンに語る生意気な財閥の息子にパンチをくらわす。


とにかく、感情に歯止めがきかない。



2016 ゴールデンウイーク おすすめの韓国ドラマを「無料」で見放題!!レンタルショップに行く必要なし!


かつての妻の家に行くところは、


 韓国映画 「私の頭の中の消しゴム」(ソンイェジン・チョンウソン)


を思い出した。


私の頭の中の消しゴム [ チョン・ウソン ]



人間を形成しているのは、記憶の連続だ。


記憶は、思い出であり、その人の人生そのものでもある。


家族が幸せなひと時を過ごす、その瞬間にも、イソンミンはこう思う。


 いつか、この瞬間があったことすら、自分は忘れるのだろう。


記憶を失う、ということは、自分が生きてきた人生の軌跡を失うことでもある。


イソンミンの

 忘れたい記憶はよみがえってきて苦しめる。


 頭は忘れているのに、痛むのはなぜ心なのかよくわからない。


という言葉が胸にしみる。


そんなイソンミンをつらそうに見守る妻のキムジスの表情もいい。


家族の本当の力が発揮されるのが、不幸が襲ったときだ。


すべてが満ち足りているように見えた、幸せな日常に、少しずつしのびよる、破滅の予感。



人は、今が幸せで、それが失われるかもしれない、という時に最も恐怖に襲われるという。


イソンミンが、そんな複雑な心境を本当にうまく演じている。


亡くなった息子が好きだった寿司(エビ)を買って、かつての妻の家を訪れる、イソンミンが悲しい。


自分の心の奥底に押し込めていた、深い喪失の記憶が、あざやかによみがえり、現在の痛みとなって迫ってくる。


それはおそろしいことだ。


自分で自分の心と行動を制御できないとき、人は無力感に襲われる。


そんな揺れ動く人間の心と表情を、イソンミンはみごとに演じている。


見ごたえのあるドラマだ。



 U-NEXTで31日間無料見放題!





2016 おすすめの韓国ドラマを「無料」で見放題!!レンタルショップに行く必要なし!



2016  韓国 ソウルに行くなら「宅配Wifiルーター」のレンタルが絶対に便利!










韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ