キムヒエ 努力の人 アラフォー女性があこがれる美肌のつくり方

150928kimheeae

韓国ドラマ「密会」が、じわじわとヒットし、日本でも、韓国女優キムヒエへの関心が高まっている。

20代、30代で、美しい人はたくさんいるが、キムヒエのように、

アラフォー

しかも、すでにアラフォー後半(アラフィフというべきか。。。)で、あれだけの美肌の持ち主はいない。

韓国女優は、みな、肌の手入れは徹底しているし、肌に関する関心は高い。

だが、キムヒエのすごいところは、

素肌の美しさ

だ。

その肌の美しさは、韓国ドラマ「密会」でもじゅうぶんに披露していた。

「密会」の中のオヘウォン(キムヒエの役名)の肌は、いつも光っていた。

今、韓国で放映中の

韓国ドラマ「ミセススコップ」では、上流階級だった韓国ドラマ「密会」のオヘウォンとは違って、きわめて庶民派だ。

キムヒエが演じるのは、シングルマザーの刑事。

妹と、小学生の娘といっしょに暮している。

服装も、地味なモノトーンもしくは、警官の制服。

警官になったのは、最初の方で問題を起こして、派出所に配属されたからだ。

だからいつものエレガントなスカート姿ではなく、つねにパンツ姿。そして、靴もハイヒールではなく、

スニーカー

髪の毛も、あっさりと後ろにまとめて、束ねているだけ。

もちろん、身なりにかまわない、仕事ひとすじの警察官、という設定なので、化粧も、ほぼ素顔風に見えるメイクにとどまっている。

(あくまで、素顔風、であって、素顔ではないと思うが)

ただ、韓国ドラマをたくさん見ている人ならわかると思うが、今のテレビは、メイクをどんなにうまくしようが、肌の美しさ、というのは見えてしまうものだ。

無理なわざを使って、しわを隠したりしても、その不自然さは、すぐに見ぬかれてしまう。

私自身も、これまでに、韓国ドラマを100本以上(数えたことはないが、たぶん)見ているので、年齢別の肌の変化というのは、しっかりと脳にインプットされている。

そんな私の目から見ても、キムヒエの肌の美しさは、まさに

アート=芸術

だ。

150907kimheeae-bihada-hoshitsu-point

無理につくった感じがまったくないくらい自然で、キムヒエがそれなりの年齢であることは、全体の雰囲気や、貫禄から感じられるが、

肌にたるみがない

のだ。

かといって、他の女優のように、無理にしわを隠している感じとは全く違う。

アラフォー女性から見れば

奇跡の肌

20代から見れば、

憧れの女性

というべきか。




韓国女優の美肌を目指す! キムヒエ(韓国ドラマ「密会」)の「光る肌」になる 3つのステップとは?



江國香織の小説「東京タワー」原案!大人のラブストーリー。韓国ドラマ/密会 (DVD-BOX 2) 日本盤

アラフォーでも、あんなにきれいな肌を維持できるなら、年を取るのもこわくないと、希望がわいてくる。

そして、キムヒエの演技力。

今回のキムヒエは、これまで演じたことのない、男っぽい役だ。

それが、まったく不自然ではない。

キムヒエの魅力は、(これは韓国ドラマ「密会」で共演したユアインとも共通するところだが)

えくぼ 보조개(ポジョゲ)

だ。

今、バラエティ番組の「三食ごはん」で人気の韓流スター・イソジンも、えくぼがある。

えくぼ、というのは、顔の表情をやわらかく見せる効果がある。

キムヒエの顔は、どちらかといえば、シャープ(鼻が高く、少し西洋的な端正な顔立ち)だが、この「えくぼ」のおかげで、印象がかなりソフトに見えるのだ。

スニーカーで走りまわり、出前のチキンを食べるキムヒエの姿は、とても庶民的で、親近感を覚える。

韓国ドラマ「ミセスコップ」は、第3話に入り、どんどんおもしろさを増している。

今年は、昨年に引き続き、おもしろい韓国ドラマが、つぎつぎに放映されるので、うれしい限りだ。




韓国女優の美肌を目指す! キムヒエ(韓国ドラマ「密会」)の「光る肌」になる 3つのステップとは?



韓国ドラマを無料で見る方法




韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ