韓国女優 チェジウ 「花よりおじいさん ギリシャ編」にイソジンと一緒に出演して得たもの ① 韓流スターのイメージをくつがえし 親しみやすさで人気上昇



150911choijiwoo-leesujin-love-love


チェジウ が「花よりおじいさん ギリシャ編」に、イソジンと一緒にガイドとして得たものは何だろうか。


2014年にチェジウが出演した


 韓国ドラマ「誘惑」(クォンサンウ)


は、チェジウのこれまでのイメージ通りのドラマだった。


豪華で、美しく、洗練されたチェジウ。



それ以前にも、トーク番組の「ヒーリングキャンプ」に出演した時、司会の一人のハンヘジンに、


  私にも、ハンヘジンさんのようなお茶目なところがある


と語っていた。


 

「天国の階段」のサンウとチェジウが再び共演クォン・サンウ、チェ・ジウ「誘惑」OST CD

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 





だが、それまでの、韓流スターチェジウのイメージが強すぎて、それが実感としては感じられなかった。


だが、この「花よりおじいさん」の中で、一生けんめいに走り回るチェジウの姿に、以前とまったく違う親しみを感じた。


チェジウには、女優独特の近寄りがたいところがない。

とても気さくだ。


空港で、ベテラン俳優たちのキャリーバッグも持って行かなければならないのだが、それをうっかり忘れたチェジウに、イソジンが指摘すると、


  あ、そうだ。1つやると1つ忘れてしまって。。。


というところなど、とても素直で好感が持てた。


おそらく、イソジンも、チェジウのそんなところに惹かれたのだと思う。


チェジウには、自分を賢く見せようとするところがない。


そして、とにかく一生けんめいだ。


もちろん、それほど要領がいいわけではない。


だが、ひたむきに取り組む姿勢がとても微笑ましい。



出発前は、体力自慢をしていたのが、現地では、

 疲れた

を連発していたのも、親しみが持てる。


旅行番組というのは、隠そうとしても、その人の性格が出てしまうものだ。


「花よりおじいさん」を見ている限り、チェジウは、何にでも一生けんめいで、手抜きをしない、そんなプロ意識のある女優に見えた。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ