おすすめ 韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第5話 ついにシンセギョンも登場! 農民を苦しめる官僚たちの横暴 ユアイン(イバンウォン)とシンセギョン(プニ)が出会う





151019yooahin


韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第5話


このドラマは、SBSが開局25周年記念で企画した歴史ドラマだ。


長い序章があり、ようやく4話で、大人になったユアイン(イバンウォン)とピョンヨハン(イバンジ)が登場する。


ユアイン(イバンウォン)は、剣使いの名人ピョンヨハン(イバンジ)の刀さばきに驚き、その後を追う。



ピョンヨハンが、崖の壁に残した手紙の内容は、


  長い間待ったが、来ないので手紙を残していく。


  あなたの言う通り、ペクユンは斬った。


  次は誰を斬ればいいのか?



手紙は、チョンドジョン(キムミョンミン)にあてたものだ。



幼い頃に、キムミョンミン(チョンドジョン)が、チョンノミン(ホンインバン)に


 ペクユン(백윤)を斬れば、イインギョムとキルテミ(パクヒョックォン)は、お互いが疑心暗鬼におちいるはずだ。


と言っていた言葉を実行に移したのだ。



江國香織の小説「東京タワー」原案!大人のラブストーリー。韓国ドラマ/密会 (DVD-BOX 2) 日本盤


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」




ホンインバン(チョンノミン)は、かつての理想を失い、権力欲のかたまりの人間に成り下がっていた。


事態を収拾するために、農民から税をもっととれとうながす。


その税率というのが、今まで8割だったのを、9割にしろ、というむちゃむちゃな提案だ。


一方、イバンジ(ピョンヨハン)の妹のプニ(シンセギョン)は、キムミョンミンの勧めで、深い山にある、だれも知らない土地を他の農民たちと開墾して、自分たちだけの収穫をえようとする。


3年がたち、ようやく収穫の時期が来た時に、官の手下の人間が、その米をすべて奪ってしまう。


抵抗もむなしく、米は奪われ、農民たちはこの世を去る。



シンセギョンたち女性は逃げるが、途中でつかまり捕らえられる。


それを偶然見つけたのがユアイン(イバンウォン)たちだった。


ユアインは、一計を案じてプニ(シンセギョン)たちを救い出す。


偶然知り合ったムヒュルの助けをえて、危機を乗り切るユアイン。


いよいよユアインの本領発揮だ。


気負いのない登場のしかたと、決めるところは決めるユアインの演技はさすがだ。


プニ(シンセギョン)は、民の代表である。



妹のように世話をしてきた村の子どもが亡くなり、シンセギョンは官の穀倉に火を放つ。


いつもお腹をすかしていた村の子どもが、お腹をいっぱいにして極楽往生するようにとの気持ちからだ。


毅然としたシンセギョンの表情に圧倒されるユアイン。


「5番目の龍」プニの登場だ。



プニは、「後のイバンウォン(ユアイン)の정인 (情人)」とある。


  情人(정인)=愛する人


と訳すべきか。


「六龍が飛ぶ」は、主役たちが次々に大人になって登場し、いよいよ面白くなってきた。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ