韓国ドラマ「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」第13話 ついにキムレウォンの最愛の娘・エリンも真実を知る 子役イジヨンの演技に感動!


151108punch-kimjiyoung


韓国ドラマ「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」13回


キムレウォンは、脳しゅようにより医師から余命宣告を受ける。

その事実は伏せられていたが、次々とキムレウォンの周辺の人物の知るところとなる。


妹が知り、次に母のソンオクスクが、そしてついに、キムレウォンが最も愛する娘のエリンまで知ることになる。


父親の命の残り時間が少ないことを偶然知ったエリン(キムジヨン)は、父のベッドの上で泣き続ける。


母親のソンオクスクは、息子のキムレウォンに、

 1~2時間泣いたら、泣き疲れるから、そのまま放っておいた方がいいわ。

 エリンが泣く姿を見たら、おまえが苦しむことになるから。


だが、母のこの言葉にキムレウォンは、

 エリンのそばにいてやらなければダメなんだ


と娘のところへ。


この時のエリン役のキムジヨンの演技がすごい

号泣している。

顔は真っ赤だ。


ぜったいに本当に泣いている。


韓国ドラマに出てくる子役がすごいのは、感情移入するだけでなく、

 本当にその感情に入っている

ことだ。

 つまり、役の人物に完全になりきっている


151108punch-kimjiyoung2


演技だけで、顔が真っ赤になるまで泣くことはできない。


すごい、ほんとうにすごい。


この韓国ドラマ「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」を書いた脚本家パクキョンスの前作


 韓国ドラマ「黄金の帝国」(コス・イヨウォン・キムミスク・パククニョン


U-NEXTで、今なら
韓国ドラマ 「黄金の帝国」(コス・イヨウォン)を無料で見ることができる。


U-NEXTで31日間無料見放題!





が息づまるストーリーの連続だったのに対し、このドラマに救いがあるのは、この子役のキムジヨンの存在だ。



子役だけが、オアシスなのだ。


しかも、娘、というのが重要かもしれない。

父親にとって娘、というのはたぶん特別な存在だからだ。


ユンジスク法務部長官(チェミョンギル)が、一人息子を思うのも同じようなものなのかもしれない。

母親にとっても息子、というのは特別な存在なのだろう。


父親のキムレウォンにとって娘は、ただ純粋に存在だけで愛おしいものなのだ。

このエリン役のキムジヨンは、この演技だけでも賞をとれると思う。

キムジヨンの役者魂に喝采を送りたい。



U-NEXTで、今なら

 
 韓国ドラマ 「千日の約束」(キムレウォン・スエ・パクユファン)

 韓国ドラマ 「食客」(キムレウォン・ナムサンミ・クォンオジュン)

 韓国ドラマ 「黄金の帝国」(コス・イヨウォン)


を無料で見ることができる。


U-NEXTで31日間無料見放題!












韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ