おすすめ 韓国ドラマ 「応答せよ 1988」 韓国で今、大人気 人々の情がまだ生きていた懐かしい時代の記憶 夕食を家族で一緒に食べた頃




151213outouseyo1988


韓国ドラマ 「応答せよ 1988 原題 응답하라 1988」


主人公のトクソニの家のアッパ(お父さん)とオンマ(お母さん)はケンカがたえない。


アッパは銀行員だ。


薄給なのに、情が深すぎて、人助けばかりして、いつもお金に困っている。


この町は、みなが家族のように暮らしている。


夕食時になると、それぞれの家から、母親が、子どもの名前を呼び、

 「ごはんだよ!」

と言う。


遅く帰ってくると思って、ごはんを用意していなかった夫から急に、「家でごはんを食べる」との電話が。


すると、子どもにおかずを持たせて、

 「となりの家で、ごはんを一杯もらってきて」


とごはんをもらいに行かせる。


マンションのように鉄の扉で閉じられた世界ではなく、皆が共同生活をしているような街なのだ。


そんなつつましい生活の中でも、子どもたちはたくましく育っていく。


その当時の家のインテリアや、町のようす、バスに乗るときの風景など、おそらく、今40代以上の韓国人にとってたまらなく懐かしい風景が、

 韓国ドラマ「応答せよ 1988」

にはある。


「応答せよ」シリーズは、「応答せよ 1997」「応答せよ 1994」どんどん時代をさかのぼっている。


それだけ、人気があるのだろう。



懐かしさとトキメキがいっぱい!ソ・イングク、チョン・ウンジ「応答せよ1997」DVD-BOX1 (日本…


【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】応答せよ1994 (+dvd)(Box) [ TV Soundtrack ]


 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 





過去の時代に帰っていく、というのは、現代の韓国がそれだけ、厳しい社会状況だということだ。


競争社会といわれ、大学を卒業しても就職口がなく、きびしい生活を送る、現代の韓国の若者にとっては、逆にうらやましい世界かもしれない。


今の韓国は、

 激しく何もしたくない


 격렬하게 아무것도 하고 싶지 않다


という言葉がはやるくらいだからだ。


人間にとってたいせつなものが、物質ならば、今の韓国はもっと幸せを感じているはずだ。

同じことは、たぶん、日本にもあてはまるのだと思う。







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ