おすすめ 韓国ドラマ 「応答せよ 1988」 皆が戻りたい時代? 貧しくても、人々の心が通いあった頃の思い出に胸が熱くなる



20151224outouseyo1988

韓国ドラマ 「応答せよ 1988 原題 응답하라 1988」


1988年といえば、韓国でソウルオリンピックが開催された年だ。


その頃のソウルは、まだ昔の街並みが残っていた。


1988年に開催されたソウルオリンピックを契機に、大規模な開発が行われ、韓国は大きく変化していく。


そんな時代をポイントにえがいた韓国ドラマだ。


ドラマの中心は、高校生の若者たち。


この若者たちが、高校から大学へと成長する時期の韓国をえがいている。


主人公のトクソニのオンマ(母親)役のイイルファは、パーマをかけたアジュンマの姿だ。

韓国ドラマでは、アジュンマはパーマと決まっている。笑


懐かしさとトキメキがいっぱい!ソ・イングク、チョン・ウンジ「応答せよ1997」DVD-BOX1 (日本…


【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】応答せよ1994 (+dvd)(Box) [ TV Soundtrack ]


 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 






娘の修学旅行のために、無理して持たせたカメラ。


そのカメラを娘が電車に置き忘れてしまう。


娘は、家に帰らないと泣く。(母に叱られるからだ)

それを見かねた担任の教師が、家に電話を入れる。


もちろん、母親は、担任の前なので、何でもないかのようにふるまう。


娘と電話をかわった後も、

 「そんなこと(カメラを失くしたこと)は気にしないで、友だちと楽しく過ごしておいで」


と答える。


そして、その後、お経のテープを聞いている。


次に、また別の問題が起こる。  


その後は、教会の説教のテープを流して、心をしずめようとする。


とにかく、次から次へと、いろんな問題が起こってくるのだ。



そんな中でも、子どもたちは、自分の未来に向けて駆け出していく。


家族が、たがいにむき出しに自分の感情をぶつけるようすが、なぜか心地いい。


お金もなく、何もなくても、心を通じ合わせることができた時代。


きっと日本にもかつて存在した、そんな時代であったような気がする。


「応答せよ 1988」には、よくある韓国ドラマの美男美女は登場しない。


出てくるのは、ふつうの人たちだ。


そんな普通の韓国人が、けん命に生きた時代が、とても懐かしく、心があたたまるのだ。









韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ