おすすめ 韓国ドラマ「お願い、ママ」9話 ユジンの兄オミンソクは、かつての恋人に下心をもって接近する イサンウはユジンの家に下宿することに



151118onegaiomama



韓国ドラマ「お願い、ママ」第9話


イサンウは、ひょんなことからユジンの家に下宿することに。


だが、そのことをイサンウの母のキムミスクは知らない。



ユジンの兄であり、弁護士のオミンソクは、かつての恋人であるイシウォン(ユジヨン)を利用して、弁護士として飛躍するチャンスをねらっている。


そして、そのためのビッグなビジネスを見つけたのだ。


 
有名タレントと財閥の離婚話だ。


この離婚の件を受任し、それが成功すれば、莫大な成功報酬が入ってくる。



現在は、オミンソクの事務所のオーナーであり、オミンソクの友人のソンチュニョンと婚約しているイシウォンを利用しようとするオミンソク。


イシウォンは、オミンソクのために事務所を用意し、離婚訴訟に関する書類を渡す。


その資料の中には、イシウォンの父の不正資金に関する重要な資料も含まれていた。



一方、オミンソクは、あることがきっかけで男の子の小学生と知り合う。


その小学生は、ソンヨウンの息子だ。


オミンソクは以前、イシウォンの経営するレストランで、従業員のソンヨウンとぶつかったことがあった。


ソンヨウン(ソンヘジュ)は、シングルマザーで、息子を育てている。そして、ソンヨウンの母は「パラダイス」というレストランを経営している。


つまり、ソンヨウンの母親は、ユジンとオミンソクの母コドゥシムと昔からの知り合いなのだ。



ユジンは、本社勤務となり、キムミスクの秘書として張り切って仕事をしているが、同僚の女子社員は嫉妬から、いつもユジンにいやがらせをする。



ある日、キムミスクは退社しながら、

 もう帰っていいわよ

と二人に声をかける。



ユジンもよろこんで帰ろうとしたら、この女子社員が、


 今度ある発表会の招待状を今日中に作れ


というのだ。


そして、自分は約束があるので、一人でやれ、と。


ユジンは当然、印刷するものと思うが、このいじわるな社員は、


  招待状は、心をこめて1通1通、手書きで書くのよ


という。


しかも、その数は500通。


ユジンは、しかたなく、徹夜を覚悟して招待状を書くことにする。


イサンウは、ユジンが母キムミスクの会社で1人残業をしていることを知り、差し入れを持って会社を訪れる。


二人きりになり、ユジンとイサンウはいい雰囲気になるのだが。。。









韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ