おすすめ韓国ドラマ「密会」ユアインとキムヒエ ピアノが奏でる熱愛のラブストーリー 本当にピアノを弾いている3人のピアニストたちも出演していた



150920mikkai-yooahin-kimheeae


韓国ドラマ「密会」

主人公のイソンジェ(ユアイン)は、自分で何でもできる。


米も自分でといでごはんを炊き、冷蔵庫からおかずの入ったタッパーを取りだし、スープをつくって朝食を食べる。


洗濯物は、室内にわたした洗濯ロープに干されている。

これもまた生活感があっていい。


ピアノが置いてあるロフト部分の壁は、タマゴのケースの凹凸を利用して防音壁にしている。

ユアインの机の前には小さな窓があり、そこから外の景色がわずかに見える。


ユアインは、その窓を見つめて心の中で語る。

自分が見ている世界は狭く、それ以外の世界もあることに気づくのだ。


キムヒエを愛しているが、自分にはあまりにも力がないことがユアインはもどかしくてしかたがない。


この韓国ドラマ「密会」のすごいところは、セットに徹底的にこだわっているところだ。


ユアインが一度引っ越して、また戻って来た時は、引っ越しの荷物が部屋中にところ狭しと積み上げられたいた。


その段ボール箱ひとつひとつにも、

 食器

 楽譜

とか、マジックで記入されている。

リアリティを究極にまで追求しているのがいい。



イソンジェのピアノの発表会では、控室にサンドイッチがたくさん置かれていたり、とにかく手抜きがない。


だから、繰り返し見てもあきなかった。


イソンジェが最後の方で学生たちとコンサートをする時に楽器を演奏していたのは、ほんとうに音楽大学に通う学生たちだという。


占い師であり投資専門家として、ハンソンスク理事長の裏金づくりに一助するペク先生(キルヘヨン)の娘ユラ役のチンボラは、ジャズピアニスト。


ドラマ出演は、この「密会」が初めてだ。


韓国ドラマ「密会」の中で、ユラは、ピアノの才能がないのに、コネで音大に入学したことになっているが。




エントリーでポイント最大14倍!10/30(金)10:00〜11/1(日)9:59まで《送料無料》密会 DVD-…

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

151101mikkai



また、キムヒエ(オヘウォン)の親友で、音大の教授のチョインソを演じるパクチョンフンも、有名なピアニスト。

その弟子でユアインのライバルであるチミヌ役のシンジホもピアニストだ。


だから、彼らが弾いているピアノのシーンの音は、ほんとうに彼らが演奏した音声だ。


チョインソ教授の役が、演技としては素人っぽく感じられるのも、実際演技に関しては素人だからだ(笑)。


つまり、この韓国ドラマ「密会」には、本物のピアニストが3人も出演しているわけだ。


また、それ以外にも、この韓国ドラマ「密会」には、これまで韓国ドラマであまり見かけない俳優たちがたくさん登場する。


多くは、プロデューサーのアンパンソクが、以前からよく知る俳優たちで、主に、舞台で活動しているベテランの俳優たちだ。

だから無名だが、演技力はなかなかのもの。


そんな俳優たちの演技も、韓国ドラマ「密会」の楽しみのひとつだ。







<






韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ