おすすめ 韓国ドラマ 「キリ 송곳」 あまりにもリアルでつらくなる でも、見ているうちになぜか勇気が出てくる人気ドラマ 普通の人たちが世の中を変える




151225KIRI

韓国ドラマ 「キリ 原題 송곳」(チヒョヌ・アンネサン)

韓国にいる友だちから、いいドラマがあるとすすめられて、見始めたドラマだ。

だが、見ていて、どうしてもつらく、じっとテレビの前にすわって見ることができなかった。

出てくる俳優たちが、本当に普通の人たちに見えるのが、よけいリアリティを増している。

現実の社会にあるような、パワハラの連続。

自分たちのすぐ隣りにいるような人たちが、つらい目にあうのを見るのは、ドラマとはいえ、つらいことだった。

韓国ドラマを見るのは、

 

  •  現実逃避
  •  代理満足
 

のはずなのに、見ていてしんどいドラマは勘弁してと思っていた。

だから、じっと見ないで、他のことをしているときに、何気にチラチラ見ていた。

ただ、そうやってチラチラ見るうちに、だんだんおもしろくなってきたのだ。

 

この韓国ドラマ「キリ」には、イケメンの財閥の御曹司も、絶世の美女も登場しない。

 

みな、社会の底辺で、黙々と、今日よりは少しだけいい明日を願って、生きる人たちだ。

スーパーで働くパートの主婦たちも、本当に、自分の近所に住んでいるような人たちだ。

だから、よけいに見るのがつらかった。


現在の経済構造の中では、雇われる側より、雇う側の方が、圧倒的に力をもっている。

わずかのお金を稼ぐのにも、さまざまな無料奉仕が要求され、それを拒否すると、ささやかな職場すら失ってしまう。

その恐怖感から、理不尽な要求にも屈するほかないパート労働者たち。

 

現実がおかしくても、声を上げることすらできない弱者たちが、ひとつに団結し、現実を変えることが可能なのか?

 

限りなく否定的になりそうな、そんな状況が、ほんとうに少しずつ、

キリ

のように、小さな穴が、あき、現実が変わって行く。

 

その快感に勇気をえて、少しずつ見ることができるようになる。

奇跡の大逆転ではなく、普通の人たちの連帯が、現実を変える奇跡をおこすのだ、というメッセージが、希望と勇気を与えてくれる。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ