韓国ドラマで韓国語のリスニング力を鍛える方法 「部分リピート機能」のあるレコーダーで繰り返し聞くことで一気に伸びる!


150918hangl-hancha

韓国ドラマは、韓国語マスターにための必須アイテムだ。

韓国ドラマが好きで毎日見る、という人なら、ぜひ韓国語の勉強を始めることをおすすめする。

韓国語の入門のテキストを手に入れて、独学で勉強するだけでもかなりイイ線まで行けるはずだ。

韓国ドラマには、今現在韓国で実際に使われている会話がたくさんおりこまれている。

だから、韓国ドラマを毎日見ることで、韓国語のテキストでは網羅しきれない、

実際の生きた韓国語

を学ぶことができるわけだ。

しかも、韓国ドラマの場合は、韓国映画と違って、日常の会話がたくさん登場するので、ドラマで使われている会話は、そのまま使える韓国語のお手本になる。

韓国ドラマで韓国語のリスニングを学ぶためには、とにかく

くり返し聞くこと

につきる。


 リピート

 リピート

 リピート

である。

一回や二回で覚えようとしてはいけない。

とにかく、数限りなく聞くことだ。

150919bihada-suiminbusoku

ドラマ全部を繰り返すのはたいへんなので、今見ている韓国ドラマの中で、気に入った部分だけを


   部分リピート

する。


そのリピートする部分が1分だとすると、10分で10回、30分で30回繰り返し聞くことになる。

日常の中で、テレビに向かって韓国ドラマを見る時間はそれほど多くないはず。

だが、家でほかのことをしている時間は多いはずだ。

そんな、何かほかのことをしている時間に、ずっと韓国ドラマを流し続け、その音声を聞く。

それだけでも、リスニング力は確実に伸びてくる。

とにかく、韓国語をマスターしたいと思ったら、一瞬たりとも耳を遊ばせないことだ。

これを心がけるかどうかで、韓国語のリスニング力は飛躍的に伸びるはずだ。











韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ