2015おすすめ韓国ドラマ「上流社会」第15回 「オモニ」から「オンマ」 「アボジ」から「アッパ」へ 呼び方の変化に心情がにじむ





151008joryusyakai

韓国ドラマ「上流社会」第15回。

大きな展開を迎える。


ソンジュンは、YUIと別れてから逆にYUIに対する愛情が深まっていく。

自分がしたことのあやまちに、心を痛める日々。

ソンジュンがYUIに言うセリフがいい。

 
 내가 너한테 미안하다고 했니?

 ごめんって言ったのかな?


と聞く。

YUIが、「ごめんって言ったし、悪かったとも言ってたわ」

と答えると、ソンジュンは、

 「なのに、なぜ、あやまっていないような気がするんだろう」


という。



自分を裏切ったソンジュンへの怒りで、YUIの心は閉ざされているが、ソンジュンに対する未練がないわけではない。


父親の財閥会長からまかされたグループの化粧品会社の仕事に取り組むYUIは、なんとな成果をあげようと、親友のイムジヨンと奔走する。

ソンジュンも、そんなYUIに援護射撃を送る。


YUIと別れたことで、それまでの自分の価値観がゆらぎ始めるソンジュン。


YUIは、ソンジュンのような家庭-貧しくても、お互いがお互いを思いやる、愛情にみちた家庭-に憧れている。

それに対し、ソンジュンは、愛というぬるま湯につかることで、理不尽な現状にとどまりたくない、とずっと野心を育ててきた人物だ。

だから、父親とも距離をとっていた。


そんなソンジュンが、父親からの

 一度顔を見せてくれ


というメールに返信する。


 週末に行くよ。アッパ (아빠)


父親の電話番号は「アボジ」として登録されている。

それをあえて、「アッパ」と書いて送ったところに、ソンジュンの心の変化が見てとれる。

父親に対して、息子として、素直に向き合っている姿だ。


この15回では、もう一人の人物も、これまで母親を

 オモニ

と呼んでいたのを
 
 オンマ

と呼びかけるシーンが出てくる。

これもまた、幼い頃の母と子の関係に戻っていることを象徴するシーンだ。


オンマとオモニ、アッパとアボジという呼び方の変化に、二人の人物の心境の変化が見てとれる。





【ブライトニングフォーミュラ】



どろあわわシリーズ





今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」






style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="8602074807">



ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ