韓国ナンバー1の財閥の子弟が「社会的配慮者」ってどういうこと? 韓国で問題になったニュースの当事者はイジョンジェの「熱愛相手」だった!韓国ドラマ「妻の資格」がえがいた韓国の教育事情



150912tsumanoshikaku-kimheeae-kodomo


韓国ドラマ「妻の資格」キムヒエ


は、韓国の教育のゆがんだ現実をえがいている。


【送料無料】 妻の資格DVD-BOX2 【DVD】



韓国は、日本よりも急速に少子化が進んでいる。

その原因のひとつに、高い教育費があげられる。


いい大学に入るための塾や家庭教師が繁盛する。その費用を払うには、ふつうの家庭では、子どもを一人育てるのがやっと、という現状だ。

このドラマを見ると、日本と比べて、韓国の教育の現実に驚くだろう。

小学生が、塾で塾の講師と英語で話す。

特に、普通科よりも、外国語高校や国際高校が人気だ。


外国語高校に入った方が、一流大学への進学の確率が高まるからだ。


韓国ドラマ「相続者たち 原題 상속자들」イミンホパクシネキムウビンパクヒョンシク)にもあったが、さまざまな中高校で

 社会的配慮者枠

というのが設けられている。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】相続者たち DVD-BOX 1 [ イ・ミンホ ]


経済的に厳しい状況におかれている子女にも、教育を受ける途を開くための制度だ。




150924leeminho-sozokusyatachi3


ところが、財閥の子弟が、この制度を利用していることがわかり、大問題になった。

それが、サムソンの現会長の長男であり、現在サムソングループの副会長であるイジェヨンの子どもだったからだ。


イジェヨンは、同じく財閥であるテサングループの長女であるイムセリョンと1998年に結婚し、一男一女をもうけたが、2009年に協議離婚している。

現在、2人の子どもの養育権は母親であるイムセリョンにある。


2013年に、この社会的配慮者枠で、ヨンフン国際中学校に不正入学していたのが、イジェヨンとイムセリョンの長男だったのだ。


この時に、この長男は「非経済的社会配慮対象者」枠で入学していた。

つまり、経済的な理由ではなく、「母子家庭」である理由によって入学したというわけだ。

「母子家庭」の子弟ということなのだが、「母子家庭」といっても、父親は韓国のナンバー1の財閥サムソンの次期後継者だ。

また、母親は、財閥であるテサングループの長女だ。

そんな家庭の子どもが、なぜ社会的配慮枠で、高校に入学できるのか、ということだ。

このことがニュースで取り上げられ、たいへんな問題になった。

けっきょく、この長男はヨンフン国際中学校を自主退学し、中国に留学することになった。

そのてんまつをサムソンが公式に伝え、謝罪しているくらい、大きなニュースだった。


そして、この問題の中心人物であるテサングループの長女・イムセリョンが、あのイジョンジェ(韓国映画「新しき世界」「情事」・韓国ドラマ「砂時計」)の現在の熱愛相手なのである。



新しき世界 【DVD】




韓国女優の「美肌の秘密」を知りたいあなたには、この記事をどうぞ

韓国女優の肌がピカピカ つるつる 光っている秘密 肌の透明感と「脱毛」の深い関係

韓国女優の美肌を目指す! キムヒエ(韓国ドラマ「密会」)の「光る肌」になる 3つのステップとは?

韓国女優チェジウが愛用する「CCクリーム」ってどんなもの? 韓国ドラマ「2度目の二十歳」が大ヒット ! 20代に負けない美肌が光るその「透明感」

 

韓国ドラマファンのあなたへ

2016 おすすめの韓国ドラマを「無料」で見る方法





ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ