六龍が飛ぶ第2回 キムミョンミン(チョンドジョン)登場!同時間帯ドラマで視聴率1位 ラストのキムミョンミンが歌うシーンで瞬間最高視聴率18パーセントに

151008rokuryu-kimmyunmin2

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第2回。

名優キムミョンミンの本領発揮だ。

何といっても圧巻は、第2話のラスト。

キムミョンミンが歌を歌うシーン。

歌の題名は「무이이야 (無以異也)」

歌詞の一部を紹介すると、

  칼춤에 꽃놀이 도화전에

   剣の舞に花をめで

   노래 가락 시리게 흥겨운데

   歌は冷たく興に乗るが

  오백년 공들여 애써 온

  5百年 心をこめてきた

  대업 모두 허사로다

  大業はすべてむなしく

  아비는 칼 맞아 스러지고

  父は刃に倒れ

  자식들은 세금에 찢겨죽고

  子どもたちは税金にひきさかれて死に

  잿가루 날리는 만월대에

  灰が舞う満月台(注:高麗時代の宮殿のこと)に

  통곡소리 구슬퍼라

  慟哭の声が悲しい

 

とつづく。

151008rokuryu-namdaroom

この歌は、孟子の「梁恵王章句」の第4章を、このドラマの作家が書きかえて、つくった歌詞だという。

この歌詞に音楽をつけた楽譜が、撮影の数か月前から出演者たちに配られた。

このシーンの撮影には、350名の俳優が参加。

シーンのカットをどう撮影するかについて、何回も打ち合わせがもたれた。

それぐらい、見どころのあるシーンだ。

その甲斐もあってか、NGを出すことなく、一回でOKになったという。

キムミョンミンが演じるチョンドジョン(鄭道伝)は、権力者による政治ではなく、民による政治をとなえた人物だ。

その精神が発揮されたシーンでもある。

最初、この歌を聞いた時、なんとなく聞いたことのある歌のような気がしたが、この韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」のために特別につくられた歌なのだ。

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第2回放映直後から、キムミョンミンの歌う歌の題名は何か?という声が、ネットをにぎわした。

民衆たちが、こん棒で殴打されながらも立ち上がり、皆で歌を歌うシーンは感動をさそう。

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第2回のもっとも盛り上がるシーンだ。

なんといっても、キムミョンミンの腹からしぼりあげるような声がいい。

圧巻、圧倒、感動、ほんとうに次が楽しみな韓国ドラマだ。

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ