韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第2回 ユアインが主役じゃない!二番目の龍・ キムミョンミン(チョンドジョン)の迫力に圧倒される


151008rokuryu2-kimmyunmin

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第2回を見た。

1回目からすごい迫力だったが、2回目はもっとすごい。


さすがキムミョンミン。


キムミョンミンが演じるのは、チョンドジョン(鄭道伝)という実在の人物だ。


高麗の官僚である。

イインギョムは、元と手を握って明と戦おうとするが、キムミョンミンたちは、戦争を避ける道を選ぼうとする。

その中で、キムミョンミンが取った戦略が多くの人の心を動かす。


大きな力にいつも虐げられるのは民衆である、というメッセージが画面を圧倒する。


キムミョンミンのセリフがしびれる。

2話の終わりの方でキムミョンミンが歌う歌に、このドラマのメッセージがこめられている。


151008rokuryu2kimmyunmin2


イバンウォン(李芳遠)は、イソンゲ(李成桂)の息子だ。


幼いイバンウォンは、父・イソンゲこそ、強い男だと信じていたが、イインギョムの前で頭を下げる姿を見て失望する。

そして、チョンドジョンこそが強い男であると考えるのだ。

この韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」の主役は、キムミョンミンのようだ。

キムミョンミンは、演技のうまさで知られる俳優だ。

だが、それほど作品に恵まれているとはいえない。

2014年にキムミョンミンが弁護士役を演じた韓国ドラマ「改過遷善」も、放送局側の都合で最後の数回がカットされ、中途半端な終わり方になった。


それでも韓国ドラマ「改過遷善」が、最後までおもしろかったのは、キムミョンミンの演技力によるところが大きい。

むずかしい法律用語も、完ぺきにマスターしていた。

寝言で出てくるぐらいセリフを覚え込んだという。


韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第2回は、そんな魂の入ったキムミョンミンの本領が発揮された。

見ている者の心を鼓舞する、すばらしい演技だ。



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ