おすすめ韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」はユアインのドラマじゃない 歴史も学べて一石二鳥のおもしろさ


151007rokuryu

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」

第一回を見た感想をいうと、これはユアインのドラマではない、ということだ。


もちろん、まだこれからだから一概には言えないが、一人のスターに頼って作られた歴史ドラマではない。

それくらい、ストーリーがしっかりしている。


歴史ドラマで、

 「朱蒙 チュモン」(ソンイルグク

はコグリョ(高句麗)を建国した人物・チュモンを扱っているという点で、新鮮だった。

この韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」は、高麗から朝鮮の建国に向かう激動の時代をえがくということで、また興味が高まる。


歴史好きな人は、いろんな歴史書で、そのへんの知識を身につけるのだろうが、歴史の知識がなくても、歴史ドラマを見ると、いろんなことを学ぶことができる。

韓国ドラマは、実際の歴史をもとに、フィクションもまじえてダイナミックに作られるているので、本を読んだだけではわからない人間ドラマがあって、おもしろい。



俳優たちの衣装も、時代背景をあらわしていて、楽しい。


何より、「六龍」を演じる俳優たち、一人ひとりがとても存在感のある人物なのも期待できるところだ。


逆に、イバンウォン(李芳遠)を演じるのが、ユアインでよかったと思う。

これが、イジョンソクキムスヒョンイミンホ、だったら、話のストーリーよりは、彼らのカッコよさだけに興味の中心が行ってしまった可能性がある。


ユアインが評価されるのも、自分を出すだけでなく、周囲とうまく調和できる演技力を持っているからだろう。

ユアインの表情は、それくらい、つくったところがなく自然だ。

ユアインの自然な演技のうまさは、

 韓国ドラマ「密会」(キムヒエ)

で実証されている。

151007rokuryu-parkhyukwon

また、韓国ドラマ「密会」で、キムヒエの夫役を演じた、パクヒョクォンが女装の男性として登場しているのもおもしろい。


韓国の歴史ドラマでは、けっこう女装の男性というのが出てくる。

この人はもちろん耳飾りをつけている。


ただ、チュモンを見ると、高句麗以前の時代では、男性もみな耳飾りをしていた。


こういうところを観察するのも、歴史ドラマを見る楽しみのひとつだ。




韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ