おすすめの韓国ドラマ「密会」がなぜおもしろいのか? 日本のドラマの倍以上の量と中味 韓国ドラマは量で圧倒する!量が質に転化する瞬間





150905yooahin-mikkai-miryoku

韓国ドラマは通常、1時間ドラマの場合、週に2回放送される。

つまり、日本のドラマの倍である。

これはどれだけハードかわかるだろうか。

また、脚本も最初の方こそストックがあっても、だんだん放送に追いつかなくなってきたりする。


つまり、撮影当日の朝に、その日の分の台本ができてくるというのは日常茶飯事だ。


俳優は、そんな台本

 쪽대본

 その日の放送分のセリフだけが載っている台本のこと


を、その場で覚えなければならない。

それでも、見ている方にはそれを感じさせないのはさすがだ。



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="7125341606">


だから、何台ものカメラでいろんなシーンを同時並行して取り、編集作業に入っていく。

ドラマによると、ほぼ生放送のような状態で放送されるものもあるくらいだ。

そんな韓国ドラマの世界で長く俳優業をやってきている人たちのスキルがどれくらいすごいかは、韓国ドラマを見るとよくわかる。

特に、涙の演技など、その場ではらはらと流す涙や、号泣する涙など、自由自在に涙を流すことができる。


はっきり言って、感情移入が瞬時にできなければ、韓国ドラマで俳優を続けることはできない。

キムヒエユアインの韓国ドラマ「密会」の撮影現場にカメラを投入したドキュメンタリーを見たが、会長役のキムヨンゴンは、「8時間以上」撮影まで待機していた。

それでも、グチひとつ言わない。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】密会 DVD-BOX1 [ ユ・アイン ]


撮影所にある食堂では、キムヒエや、演出のアンパンソク・プロデューサーが一緒に食事をとっていた。

撮影がどんなにおしても、食事もとらずに撮影をするということはないようだ。


このへんも、食をたいせつにする韓国らしいところだ。


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

どろあわわシリーズ


ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ