韓国ドラマ「密会」イソンジェ(ユアイン)のピアノを弾いている時の表情にしびれる


150904yuahin-piano-playing-mikkai

韓国ドラマ「密会」(キムヒエ・ユアイン)


イソンジェ(ユアイン)は、母一人子一人の家庭で育った。

母親が、以前の住人が置いていったピアノをユアインに与えたことから、ソンジェ(ユアイン)とピアノとの出会いが始まる。


ピアノ教室に通ったほかは、ネットで音譜をダウンロードし、ほぼ独学でピアノの腕を磨く。


つまり、ユアインは才能はあるが、世間には認められていない


 うもれた天才ピアニスト


だった。

それをオヘウォン(キムヒエ)が見出す。

150911kandoramikkai-osyaberi-8kai

ユアインは、自身の出世のためではなく、純粋にピアノを愛する若者だ。

価値観も健全。

自分の主張を声高に言うことはないが、確固とした価値観をもっている。


ユアインのピアノを弾くときの表情がなんともいえない。

この表情は、そうとう研究して演じている。


ふだんの、寡黙な雰囲気から、ピアノを弾くときは別人のような、音楽に没頭している恍惚とした表情になる。

その落差の演じ方がみごとだ。


韓国ドラマ「密会」の中で、キムヒエがユアインに送った本、

 「リヒテル」

を読んだが、このリヒテルという人もほんとうのピアニストだ。

子の本の後半部分に、リヒテルが音楽について書いた日記があるのだが、芸術を追究する人というのはこういうものなのだと感心した。


韓国ドラマ「密会」を見ていたころ、CDショップでなにげに目に入った「リヒテル」の名まえにひかれ、

リヒテルが弾いているピアノ曲集


  バッハ 平均律クラヴィーア曲集第1巻


のCDを買った。

リヒテルが主張するピアニストの素質とは、楽譜に忠実であることだ。

ピアノを愛し、ピアノとともに生きた人生が、この本にはある。

韓国ドラマ「密会」に登場する若き天才ピアニスト・イソンジェのある種のモチーフが、リヒテルであったことはまちがいない。


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ