韓国ドラマ「密会」イソンジェがステキな理由 オヘウォン(キムヒエ)はイソンジェ(ユアイン)にとって「永遠のソンセンニム(先生)」だった

150920mikkai-yooahin

韓国ドラマを見ていると、いろいろ感じることが多い。

特に、歴史ドラマ

王が登場するが、王は、王妃に対して

丁寧語

で話す。

これはすばらしいことだ。

ふつうの感覚だと、夫婦ならば、

くだけた言葉

で話しそうなものだが、ぜったいにそんなことはしない。

言葉というものは、お互いの距離感のあらわれだ。

ていねいな言葉を使うことによって、

王と王妃の間

には、つねに一定の距離が生まれる。

韓国ドラマ「密会」

イソンジェ(ユアイン)は、オヘウォン(キムヒエ)のことを

ソンセンニム(先生)

と呼ぶ。

そして、もちろん、つねに敬語。

たった一度だけ、ユアインがキムヒエに

パンマル(友だちどうしで使う言葉)

を使うシーンがある。

キムヒエとの別れがつらく、ユアインが思わずもらす言葉だ。

 집에 가서 사발면이나 쳐먹지 뭐

 家に帰って、カップラーメンでも食べるよ

と、自嘲気味に言うシーン。

150920mikkai-yooahin-kimheeae

キムヒエは、会長の家に向かいながら、振り返り、

가끔 반말 해줘

듣기 좋다.

たまには、パンマルも使って。

いい感じよ。

 

と笑う。

このシーンをのぞいて、ユアインは、つねに、先生であるキムヒエに対して、

最上級の敬語

を使う。

それは、ユアインのキムヒエに対する敬意であり、尊敬の念が愛情になっていることの証明でもある。

尊敬と愛が結びつく

というのは、愛の最上のかたちだ。

それが、この韓国ドラマ「密会」の魅力でもある。

弟子である、ユアインを愛しつつも、けっして、ユアインに全面的にたれかかろうとしない、(実際はのめり込んでいても)

オヘウォン(キムヒエ)の毅然とした姿が、

他のこれまでの韓国ドラマの年の差カップルと違う、韓国ドラマ「密会」の大きな魅力だ。

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ