韓国ドラマ「密会」オヘウォンとイソンジェ ひそやかにおとずれる 恋のよろこびと人生の哀しさ 甘いピアノの調べがせつない

150911kandoramikkai-osyaberi-8kai

韓国ドラマ「密会」

甘くせつない恋の物語。

クラシックの音楽が、背景に流れる。

若き天才ピアニストと、彼の先生との恋。


とにかく、見たらはまるしかない韓国ドラマだ。

この中で、私の好きなシーンがあった。

前半の方で、キムヒエが、親友たちと3人で、

 おしゃべり 수다

をするシーン。


場所は、イタリアンレストラン。

若い時からの、気のおけない女友だちと、夫の悪口や、仕事の不満などを気軽に語り合う。


このシーンがなかなか楽しい。

3人の軽い会話の中に、それぞれが抱える、生活の悩みが、何気なく語られる。


韓国ドラマを見ていて思うのが、


 緊張高まる手に汗にぎるシーン


より、こんな何気ないシーンがおもしろかったりする。

そのシーンでのセットや照明、俳優たちのファッションや料理など。

それらを見ているだけで、いろいろイメージがふくらむ。


こういう、一見どうでもいいようなシーンがたくさん入っている韓国ドラマが、おもしろいドラマなのだと思う。


韓国ドラマの場合、どんなに深刻な内容のドラマでも、道化役のような人物が必ず登場する。

その人物が登場することで、見ている者が、少しほっとすることができるわけだ。


子役がそういう存在になることも多い。


韓国ドラマ「密会」の中では、いろんな人間の欲望が交差する。

キムヒエの親友で、財団理事長の秘書は、キムヒエの地位をひそかにねらっている。


キムヒエ自身は、会長の信頼を勝ちとって、ゆくゆくは、財団のトップになるという野心をもっている。

キムヒエの夫(大学教授)には、大学の学部長になるという野望がある。


そして、そのような欲望が、また利用されて、状況を複雑にしていく。

自身の欲望と、それを妨げる者への嫉妬。駆け引き。


実社会と同じように権力抗争があり、そこを勝ち抜いていくためには、利用できるものは何でも利用する。


オヘウォンも、そうやって、生き残っていた存在だった。

だから、オヘウォン(キムヒエ)が、イソンジェに、自身のことを

 화려한 노비

華やかな奴隷


と言ったのだ。

その言葉を聞いている時の、イソンジェ(ユアイン)のつらそうな表情がたまらない。


韓国ドラマ「密会」のいちばんのハイライトは、このシーンのある

 第8回

であり、私がいちばん好きなのも、この8回だ。


現実の中で、表面は美しい表情を装っているが、限界まで神経をすり減らせている、そんなオヘウォン(キムヒエ)の前に登場したのが、

 若き天才ピアニスト・イソンジェ(ユアイン)

だった。


そして、ここから二人の恋が始まるのだ。。。


ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ