韓国ドラマのもう一つの楽しみ 「子役」大人顔負けのその演技力と成長スピードの早さ 「兵役」もすでに終了!美しく成長する未来のイケメン韓流スターたち

150917koyaku-yoosoongho-otona

韓国ドラマを見る楽しみのひとつに、

子役

がある。

 

子役の場合、主人公の幼少時代を演じていたりするので、最初の方にだけ登場することが多い。

 

だから、出演するシーンはそれほど多くない。

だが、場合によっては、かんじんの主役より、子役の方が人気が出たりする。

 

日本でも大ヒットした

韓国ドラマ「チャングムの誓い」(イヨンエ


150917kandora-koyaku-changgum

 

も、主人公のイヨンエの幼少時代を演じた子役がとても人気で、子役の場面が大幅に増やされた、といわれるほどだ。

 

もう一つ、子役を見ていると、その成長の早さに驚く。

子どもの成長は早い。

 

小学生だったのが、いつの間にか中学生、高校生になっていたりする。

 

その成長ぶりを見るのも、また楽しい。

 

子役で人気が出て、そのまま大人になっても俳優として活躍している俳優も多い。

ユアインもそのひとりだ。

また、今後の成長株として期待される、

  ユスンホ

もそう。

 

150917koyaku-yoosoongho

ユスンホは、歴史ドラマである、

  韓国ドラマ「善徳女王」(イヨウォン・コヒョンジョン・オムテウン)

では、金春秋という王を演じていた。

 

たぶん、いろんな韓国ドラマで子役として、出ているので、見たことがある人も多いはずだ。

整った顔立ちと、気品があるので、

王の幼少時代

の役がはまり役だ。

 

ユスンホがキムハヌルの弟役で出演した

 韓国映画「ブラインド」

は、実際にソウルの映画館で見た、懐かしい作品だ。

 

この時のユスンホは、18歳だったが、めちゃめちゃカッコよかった

 

その後、19歳で、兵役入隊。

ファンにも、入隊後にその事実を自分のサイトでそっと知らせたほど、極秘の入隊だった。

 

すでに、昨年12月に除隊し、また芸能活動を再開している。



 

ユスンホは、子役時代からまっすぐに美しく成長している。

1993年生まれのユスンホは今年22歳。
 

韓国ドラマで活躍している子役たちは、みな演技もうまいので、これから韓流スターに成長する可能性を秘めている。

子役が成長して、大人の俳優になっていく過程を見ることも、韓国ドラマを見る、大きな楽しみのひとつだ。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ