おすすめ韓国ドラマ「上流社会」第5話 だんだん盛り上がる展開 コドゥシムが韓国女優の本領発揮!会長のユンジュサンの「髪の毛」をわしづかみする



151012joryusyakai-kodooshim


韓国ドラマ「上流社会」(YUI・ソンジュン・パクヒョンシク・イムジヨン・コドゥシム)第5回。

4回くらいからがぜんおもしろくなってきた。


YUI(ユナ役)は、ソンジュン(チェジュンギ)をほんとうに好きになる。

ソンジュンは、野望に燃えた男だ。

家は貧しいが、努力して実力を身につけた。英語、日本語、中国語も話せる。

彼の中には、金持ちに対する憎しみと羨望がある。

貧しいために、父が味わってきた屈辱を、自分は味わいたくないと思っているのだ。


第一回で、ソンジュンが、

 貧しい人が、貧しさから逃れられないのは、貧しさの中に幸福を見出すからだ。

というセリフに、ソンジュンの価値観があらわれている。

YUI(ユナ)は純粋ソンジュン(チェジュンギ)を愛し始めたが、ソンジュンの方は複雑な感じだ。もちろん、愛情はあるだろうが、野心の方がまさっている。


コドゥシムも、ベテランの実力発揮だ。



永年、自分を苦しめてきた夫の愛人(愛人というよりは2号とよぶべきかもしれない)の家に乗り込み、髪の毛をひっつかむ。


家では、夜、寝ている夫を起こし、怒りをぶちまけ、髪の毛をひっつかむ。

ところが、この夫の会長役のユンジュサンのヘアスタイルは。。。

151012-joryusyakai-yoonjusang

その髪の毛を思いっきりつかみ、そのあと、自分の両手を見て、

 「髪の毛が一本もないわ!」

とあざけるように笑う。

すごみと笑いで吹き出しそうだ。


長い年月、おさえつけていた人間が、反撃ののろしをあげたらどうなるのかを示すシーンだ。

コドゥシムのセリフがいい。

これまでは、キョンジュン(息子)がいたから守るものがたくさんあった。でももうなにも守るものがないから、こわいものはない。

と叫ぶ。

状況が急速に展開してきて、すごいことになって行きそうだ。


どろあわわシリーズ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ