韓国ドラマ「上流社会」第11話 YUIのソンジュンに対する態度が急変!愛と憎しみは「紙一重」という真実 裏切られた女は髪を切る






151013joryusyakai



韓国ドラマ「上流社会」第11回。

YUIは、恋人のソンジュンが、自分の出身(財閥の娘であること)を知って近づいたことを知り、ショックを受ける。

そして、いきなり髪の毛を切る。

切ると言っても、ロングのままで、少し短くしてヘアスタイルを変えただけだが。

メイクもちょっと濃いめのメイクに。

ファッションは「恋する乙女」から、財閥の娘らしいブランド物の「高級感あふれる」スタイルに。


YUIの気持ちも少しはわかるが、ここまで急に変わるのか、とちょっと引いてしまう。

あまりにも単純というか。


とにかく、今は、ソンジュンに裏切られた感があふれているため、まわりが見えていない。

打ち合わせがあると、ソンジュンを会社に呼び出して、けっきょくすっぽかしたり、大人げがない。


今は、怒りのモードに入っているので、あのYUIのチャームポイントの

 なんともいえないかわいい笑顔

が消えている。

愛する人に裏切られて急に態度を変える、というのは、韓国ドラマの定番パターンだが、ここまで急に変わると、

 愛と憎しみは紙一重

だとつくづく思う。


だから、愛の反対は無関心だというのだろう。

「憎む」ということは、相手に対する執着心(「未練」というべきか)があるということだからだ。

ただ、この韓国ドラマ「上流社会」を何となく見てしまうのは、すごい悪人が登場しないからだ。


コドゥシムが憎む夫の財閥会長は、コドゥシムが

 冷血漢 냉혈한

と言い捨てる人物だが、いなくなった息子のことを思って、一人涙を流す部分もある人間だ。


YUIが裏切られたと思っているソンジュンも、あたたかい両親のもとで育ったからか、野心はあっても、そんなに悪い人間ではない。

そして、YUIに対して申し訳ない気持ちと、愛情を持ち続けている。

復讐しようという気持ちがないのだ。

客観的に見て、意固地になっているYUIの姿は感情移入しがたい。

ただ、周りにいい友だち(イムジヨン)がいるので、いつかYUIの心もほぐれていくとは思うのだが。



今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」




どろあわわシリーズ







style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="8602074807">



ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ