おすすめ韓国ドラマ「上流社会」コドゥシム 夫婦の葛藤と息子(イサンウ)の行方不明で少しずつくずれていく その演技のうまさに感動






151012kodooshim-hangeki


韓国ドラマ「上流社会」(YUI・ソンジュン・パクヒョンシク・イムジヨン)


財閥夫人であるコドゥシム。夫との仲はよくない。

子どもは4人いるが、長男であり、一人息子のキョンジュン(イサンウ)だけが頼りであり、心の支えだ。


また、このイサンウは、親孝行で、仕事も優秀な自慢の息子だ。


永年、コドゥシムが自分の感情をおさえ、夫の横暴に耐えてきたのも、この長男の存在があったからだ。

それが、海外へ旅行中に、旅行先でヨットの事故で行方不明に。

そのショックから、コドゥシムは、アルコールに依存する。


息子が行方不明になったあとの夫の対応や行動に憤りを感じていたコドゥシムは、夜、酒を飲むたびに夫に寝室に乗り込み、罵倒する。



ある時は寝ている夫を揺り起こし、少ない頭髪の残る髪をつかんで振り回す(!)


またある時は、ウィスキーの瓶を持ったまま、夫の寝室に行き、

 離婚しよう

と迫る。

 夫を冷血漢とののしり、

  미워하는 것도 지쳤어

  憎むのも疲れた

と言って。


これらは、酒を飲んだ末の発言だが、コドゥシムの本心であることも事実。


翌朝、しらふに戻ると、昨日の夜、自分がした行動に落ち込む。


酒を飲んだ時に夫に感情をぶちまける時のコドゥシムと、翌朝、しらふに戻った時のコドゥシムはまったく別人だ。


このあたりの演技もうまい。

かつては、愛した夫であったが、長い年月の間に憎しみだけが積み重なっていった、妻の感情をみごとに表現している。

そんなコドゥシムの演技に感嘆しながら、今日も韓国ドラマ「上流社会」を見ている。


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

どろあわわシリーズ


ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ