韓国ドラマ「上流社会」すべてがデジャブ どこかで見たストーリーと設定 でもなぜか見る気にさせるのは韓国女優コドゥシムの存在感



151008joryusyakai

韓国ドラマ「上流社会」

題名を聞いただけでも、ストーリーが見えてくるようなドラマだ。


それにしても、韓国女優コドゥシムの活躍はすごい。

この韓国ドラマ「上流社会」の前は、韓国ドラマ「伝説の魔女」で刑務所に入る役を演じていた。

今度は、財閥の妻の役だ。

刑務所から財閥の妻へ、逆転人生とはこのことか。


韓国ドラマ「上流社会」の主人公は、財閥の会長の娘。

なぜか母親(コドゥシム)の愛を受けずに育った。

親が決めた見合いの席に、ジーンズで出かける、というのもよくあるパターンだし、その見合い相手も、金持ちのボンボンでどうしようもない感じもどこかで見た。

その金持ちのボンボンの親友が、会社の部下で、その親友の家は貧しいが、両親の仲は最高にいい。

そして、その金持ちのボンボンの親友の母親は、コドゥシムの夫の愛人の家の家政婦だ。


すべてが

  デジャブ

といえるほど、よくあるパターン。



151008joryusyakai-kodooshim

登場してくる人物も、コドゥシム以外は、それほど一流感はない。

それでも、なんとなくひかれるのは、コドゥシムがこのまま終わる設定ではないだろう、という期待を感じさせるからだ。

第一回では、コドゥシムの夫である、グループの会長は、強圧的な人物。

コドゥシムに対しも、「文句があるなら出ていけ」と声を荒げ、テーブルのごはんをひっくり返す。

最近ではめずらしいタイプの人物だ。



キムヘスクもそうだが、コドゥシムも、1年の間ずっと、休みなく韓国ドラマに出演している。

これはすごい。

韓国女優としてもすごいが、それだけ、つぎつぎにオファーがあるということだ。

コドゥシムの魅力は、どんな演技でもできることだ。

以前、オムテウン(韓国ドラマ「善徳女王」)がまだ無名の頃、
 
 韓国映画「家族の誕生」(ムンソリ)

で、オムテウンとカップルの演技をしていた。

(ちなみに、コドゥシムとオムテウンの年齢差は23歳である)

あの映画の、ちょっと、はすっ葉な演技もうまかった。

ほんとうの女優だと思う。



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ