2015韓国ドラマ「ピノキオ」が変えたイケメンのイメージ イジョンソクがスタンダード そのはじまりはイドンウク(「ホテルキング」)だった


151013leejongsyuk


韓国ドラマで最近人気のある韓流スターを見ていると、次の特徴がある。

 

  • 顔が小さい
  • 背が高くすらりと細い
  • 肌は白くツルツルである
  • 唇はルージュを塗ったように赤い
 

このすべての特徴があてはまるのが、

  イジョンソク

  (韓国ドラマ「ピノキオ」「ドクター異邦人」「君の声が聞こえる」「ゆれながら咲く花」)


である。

イジョンソクの肌は、女性のように、というか、女性より白く透明感があって、つやつやと光っている。

唇も、まるでルージュを塗ったような赤さだ。血色がいいと言うべきか。

太陽の光にあたったことがないのではと思うほどの白さ。

だが、イジョンソクの前にも、この条件にあてはまるイケメン俳優がいた。

  イドンウク

  (韓国ドラマ「ホテルキング」「天命 朝鮮版逃亡者の物語」「乱暴なロマンス」「女の香り」)

である。

韓国ドラマ「甘い人生」(オヨンス)で、イドンウクを見た時は衝撃だった。

美しすぎる。

白い肌と彫の深いギリシャ彫刻のような顔。

少し狂気にみちた演技もうまい。

151013leedongwook

冬に小樽で出会ったら、あんなラブロマンスが生まれるのかと、ひそかに小樽行きを計画したこともあった。。。

相手役のオヨンスも色の白い韓国女優だが、イドンウクは同じくらい白かった。

イドンウクと共演する女優たちは、イドンウクの肌が美しすぎるので、一緒に画面に映るのをいやがったというエピソードがあるほど。

たしかに、男前で肌もあそこまで美しかったら、女優としてはやっていられないかも。


イドンウクの登場あたりから、韓国ドラマにおけるイケメンの概念が変わってきたような気がする。

だから、日焼けサロンに通っているような俳優は、少なくとも韓国ドラマにはいない、もしくはいたとしても活躍していないはずだ。

今見ている韓国ドラマ「上流社会」で、財閥のボンボン役を演じているのパクヒョンシク(韓国ドラマ「相続者たち」)も、肌は白くてピカピカだし、ソンジュンも色白ではないが、色黒ではけっしてない。

韓国ドラマでは、女優も男優も、肌の白さと美しさがスタンダードの要素になっているようだ。


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ