韓国ドラマ「ファジョン(華政)」14回 「中だるみ」を乗り越え一気にドラマは盛り上がった!あの「王(ワン)家の家族たち」のハンジュワンの演技が光る!!


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2695142002">


150930hwajeong-hanjoowan

韓国ドラマ「ファジョン(華政)」(チャスンウォン・イヨニ

一時は、見るのをやめようか、とふと思ったが、14回に入り、ようやくまたおもしろくなってきた。


がまんして良かった、と実感。

このおもしろさを支えたのは、ホンジュウォン(ソガンジュン)の親友・カンイヌ役を演じるハンジュワンだ。


イヨニの演技力の不足が、ハンジュワンの迫真の演技で補われていた。

ハンジュワンは、韓国ドラマ「王(ワン)家の家族たち」(キムヘスク)がデビュー作だ。


最初に出演したドラマがヒットして、ラッキーだったと語っていたが、この「ファジョン(華政)」での演技を見て、実力のある俳優であることを再認識した。


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="7125341606">


150930hwajeong-leeyunhee

やはり、歴史ドラマの場合、登場人物が多いので、いろんな人の登場や、ドラマの流れで、またおもしろくなっていくのだ。


韓国ドラマの歴史ものには、必ずユーモラスなキャラクターが登場する。

この韓国ドラマ「ファジョン(華政)」でも、そんなわき役たちがドラマを楽しく盛り上げている。

そのような庶民役の俳優たちが、ドラマを盛り上げる重要な要素なのだと実感した。


最近、ずっと現代ものばかり見ていた。

現代ものをずっと見ていると、歴史ドラマに入りこめなくなる。


以前は、並行していろんな韓国ドラマを見ていたが、最近は同じドラマを続けて見る方が楽だ。

違うドラマを並行して見るというのは、気持ちの切り替えが必要になるので、少し疲れる。


同じ韓国ドラマを続けて見る方がラクだ。

そして、韓国ドラマも、勢いというのがあって、流れに乗らないと入って行けない。

最終回近くなって、なんとなくさめて来て、結局最終回を見ないで終わる、ということもよくある。


そして、勢いを逃すと、最終回自体に関心がなくなってしまったりする(笑)。

何ごとも「勢い」がたいせつということなのだろう。




style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="8602074807">




韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ