おすすめの韓国ドラマ「ファジョン(華政)」セリフのない演技が心にしみる理由 韓国ドラマの魅力は「頬をつたう涙」にある


150923hwajeong

韓国ドラマは、俳優の演技力のすばらしさが魅力だ。


俳優の演技は、もちろん、喜怒哀楽の表現にあらわれる。

韓国の俳優たちが流す涙は、見ている者の心を打つ。


しかし、そんな中で、いちばん難しい演技が、

セリフがなく相手のセリフをじっと聞いている時の演技

だ。

じっと、人の話を聞いているときに見せる表情の豊かさこそ、その俳優の演技力が、はっきりとあらわれる。

私がいちばん印象的なのは、あの伝説の

 韓国ドラマ「砂時計 原題 모래시계」(チェミンス・パクサンウォン・コヒョンジョン)

この第一回だ。


高校時代のテスが、川のほとりで、母の語ることばをじっと聞くシーン。


テスのオモニ(キムヨンエ)が、テスのことで、学校に呼び出しされたあと、息子のテスに語りかける。

テスの父親は、パルチサンだった。

テスの父はテスが生まれる前に亡くなり、母が女手ひとつでテスを育てる。

テスの母は、料亭を経営して生計を立てていた。


そんな息子にキムヨンエは、

(母親が料亭をしていても)気にせず、友だちをいつも連れて来てくれるおまえが誇らしい

と語る。

その母の言葉を、じっと黙って聞いているテス。

その表情に、母親に対する、あふれる愛情がこめられていた。

その後、テスは、母を背負い、川のほとりを歩いて家に帰る。

このシーンがなんともいえなかった。


150923hoshikarakita

韓国ドラマ「星から来たあなた」(チョンジヒョン・キムスヒョン)

朝鮮時代のキムスヒョンが、幼いイファ(キムヒョンス)が話す言葉を、慈愛にみちた表情で、じっと聞いている。

このシーンも、じーんと来るシーンだった。

韓国ドラマ「ファジョン(華政)」

シンウンジョン演じる大妃が、尚宮から、自身の二人の子どもの死を知らされる。


それを、じっと聞いているシンウンジョンの表情。

その表情は、悲しみと、怒りと衝撃で、しだいにゆがんでいく。

シンウンジョンの、この演技は、あまりにもみごとだった。

セリフをたくさん発する演技よりも、このような、

話をじっと聞いている表情

の演技が、よけいにすごみがあったりする。


セリフはなくても、頬をつーっと伝う一滴の涙が、たくさんの感情をあらわしたりする。

とても、見ごたえのあるシーンだった。



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ