韓国ドラマ 現代ものより歴史ドラマを見るべき理由 歴史ドラマに出る韓国女優が美しいのには「わけ」があった

150915kandora-history-nenofukai-ki

韓国ドラマには、歴史ドラマと現代ドラマがある。

現代ものは見るが、歴史ドラマはまったく見ない、という人もいれば、歴史ドラマは見るが、現代ものはどうも、という人もいて、人それぞれだ。

実際のところ、現代ものと歴史ものでは、

歴史ものの方が、はるかに手間がかかっている

ことはまちがいない。

 

まず、舞台となる宮殿。

ここで撮影がおもに行われる。

また、ソウルの街中でロケ、というわけにも行かないから、

  郊外の山や海の近くでの撮影

が多くなる。


次に、衣裳をそろえるのがたいへんだ。

かつらも重い。

また、歴史ドラマの場合、エキストラの数も、現代ものよりはるかにたくさん必要になる。

王が即位するときなど、多くのエキストラがいないと、まったく迫力がない。


そして、歴史ドラマに必須の



馬をあやつらなくてはならない。

とにかく、いろんな意味で、現代ものの何倍もの手間がかかる。

俳優の負担もたいへんなものだ。

韓国ドラマ「チュモン(朱蒙)」で、高句麗(コグリョ)の王を演じた、ソンイルグクが語っていたが、男優の場合は、

ヒゲ

もたいへんらしい。

人によっては、ヒゲで肌がかぶれる場合もあるとのこと。

 

ロケのために、一日のうちで、何時間もの距離を車で移動したりするらしい。


韓国ドラマ「チュモン(朱蒙)」でも、ソンイルグクは、泥の中にはまったり、見ているだけでもたいへんだった。

また、馬に乗って矢を射るシーンもあったりする。

ソンイルグクは、その

馬に乗りながら矢を放つ

演技のできる、数少ない俳優のひとりだという。

 

女優にとっても、歴史ドラマの場合は、

 額を出す

ことになるので、顔の輪郭がすべて出てしまう。

髪型でごまかすことができないのだ。

 

だから、よほど顔に自信のある女優でないと、歴史ドラマには出演できない。

韓国女優によっては、かつらの似合う女優と、そうでない女優がいるからだ。

だから、歴史ドラマで堂々と顔出しをできる韓国女優は、美人ぞろいの韓国女優の中でも、特に美しいのだといえる。

 

いずれにしても、歴史の勉強にもなるし、手間がかかっている歴史ドラマは、見る価値がある。

150915kandora-history-nenofukai-ki-sonjoongi

 韓国ドラマ「根の深い木」(ソンハッキュ・チャンヒョク)

は、つくりこみのレベルとしては、あまり高くない。

 

エキストラの数も少なかったので、画面に迫力がなかった。

だが、ドラマとしてはよくできていたと思う。

ハングルの誕生物語、というおもしろさと、謎解きのサスペンスのおもしろさの両方をかねそなえている。

気軽に歴史ドラマデビューするには、長さも「24話」と、ちょうどよいボリュームなのでおすすめだ。

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ