韓国女優キムヒエ(韓国ドラマ「密会」)の迫真の演技の秘密 韓国ドラマと日本のドラマとの違い 



150928kimheeae


作家により文体、というのがあるように、俳優にも演技のスタイル、というのがある。

日本のドラマでは、どちらかといえば、自然な演技が好まれる。


だが、韓国ドラマの場合は違う。

はっきりとした自分のスタイルのある演技の方が好まれる。

「自然体」というのは、韓国では、「演技をしていない」ということに等しい。

演技というからには何かを創造するわけだから、自分の素のままではダメなのだ。

演技の場面になると、まったく別人になるのが、

 本当の俳優

というものだろう。


韓国ドラマ「密会」でユアインと20歳年の差のラブストーリーを演じた韓国女優キムヒエ


肌の手入れから、スタイルの維持まで、すべてに徹底している演技派の女優だ。


キムヒエは、「花よりお姉さん」の中で、後輩の俳優イスンギに、


 演技とは、その役の人物が自分に乗り移ったかのように演じること


と言っていた。

150909kimjaok-hanayorineesan


U-NEXTで31日間無料見放題!




韓国ドラマでは、特に表情の演技が重視される。

よろこびや怒り、悲しみを、セリフとともに、

 顔の筋肉の動き

で、微妙に表現しなければならないのだ。


うまい俳優ほど、そのような表現力にすぐれている。

ポーカーフェイスのような、何を考えているのかわからない表情では、まったく評価されない。

反対に日本の場合、韓国ドラマのような演技は、過剰で大げさに感じるようだ。


韓国ドラマでは、俳優たちは、セリフとともに、表情やしぐさ、涙、すべてを動員して、

 ありとあらゆる感情

を、目に見えるように演技するからだ。


何も言わなくてもわかる、ということは韓国ではありえない。


だから、政治的な主張にしてもはっきりしているのが好まれる。

どっちでもいい、とか、中間の主張よりも、白黒はっきりしている方が好まれるのだ。

立場を明らかにしない人間は、考えのない人間とみなされ評価されない。


ただ、だからといって、謙譲の美徳がないのではない。

韓国でも、謙遜や謙譲は美徳とされる。


ただし、日本のように、

 以心伝心

で伝わるとかまえていると、韓国では理解されないのは事実だ。



U-NEXTで31日間無料見放題!









韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ