韓国ドラマ「ファジョン(華政)」が今韓国で大人気!歴史ドラマを見ると「トク」する理由

150918hwajeong-chasoonwon

 

歴史ドラマは奥が深い。

 

特に、きちんとした史実にもとづいて作られている歴史ドラマは、じっくり見ないと、だいじな場面を見のがしてしまう。

韓国では、やはり、歴史ドラマは人気が高いので、史実にもとづかず、いい加減な内容の韓国ドラマをつくると、視聴者からクレームがくる。

中には、歴史ドラマ、というかたちをとりつつ、まったく自由にストーリーを展開しているものもある。

韓国ドラマ「太陽を抱く月」(キムスヒョン・ハンガイン)

もそのひとつ。

これは、まったく架空の歴史ドラマだ。

もちろんこのドラマもヒットした。

だが、時代背景がはっきりしない分、恋愛ドラマの要素は楽しめても、歴史ドラマ独特の、知的興味をそそる部分が少なかった。

 

その点、今韓国で放映されている

韓国ドラマ「ファジョン(華政)」

の完成度は高い。

 

もちろん、すべてが史実にもとづいているわけではなく、そこにはドラマとしての脚色はある程度ある。

だが、大枠としては、歴史上の人物が登場するので、見る方は、歴史を楽しみつつ、ドラマとしてのおもしろさも味わえるわけだ。

 

いろんな勢力がいて、どちらにつくかの駆け引きは、まるで、現代ドラマとまったく同じだ。

王といっても、けっきょく、ひとりでは、何もなすことができない。

政治力がないと、生き抜いていけないわけだ。

だから、歴史ドラマは男性に人気があるのだろう。

音楽もいいし、迫力がある。

 

歴史ドラマでは、大人の男性は基本的に

ヒゲ

をのばしている。

 

歴史ドラマでヒゲをはやしていないのは、

  内侍 내시

と呼ばれる去勢した臣下たちだけだ。

 

つまり、ヒゲをそっているのではなく、ヒゲが生えないようになっているのだ。

 

このへんのくわしい話は、

韓国ドラマ「王と私」(オマンソク・コジュウォン・クヘソン・チョングヮンニョル)

でくわしくえがかれている。

 

150918outowatashi-omansuk

韓国ドラマ「王(ワン)家の家族たち」

 

で、どうしようもない夫役を演じたオマンソクが主役だ。

 

私は、韓国ドラマ「王と私」の時のオマンソクのおさえた演技が印象的だったので、

「王(ワン)家の家族たち」の

 チャラチャラしたホソバン(オマンソクの役名)のキャラクター

に、最初しばらくなじめなかった。

演技によって、こうも変身するものかと、俳優の演技力には驚くばかりだ。


韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ