ハングル検定・韓国語能力試験(TOPIK)に合格するために必要なこと 「過去問」だけで「1ヶ月半」で合格できる!



150918hangl-hancha


ハングル検定・韓国語能力試験(TOPIK)に合格するためには、

 まず、受験の申し込みをすること




冗談のようだが、とにかくまず申し込まなくては始まらない。


とにかく、先に申し込んでしまおう。

そして、その足で書店へ行き、過去問集を購入する。


そして、いちばん最近の回の問題を解いて見よう。

それで何割とれるかだ。


もし半分以上解けたら、じゅうぶん合格可能性はある。


4割でもがんばれば行ける。


私がハングル検定1級の過去問に初めて挑戦した時の正答率が4割だった。

それから1ヶ月半の勉強でハングル検定1級に何とか合格することができたからだ。



ただ、3割以下ならかなり厳しいかもしれない。

3割以下しか解けない場合は、まず、ひとつの年度の問題を徹底的にやるのがいい。


その年度の問題を、通しで5回は解いて、正答率を7割にまで持っていく。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】韓国語能力試験初級過去問題集(第10回+第11回) [ 韓国…


7割になったら、次の年度の問題にまた挑戦する。


そうやって、試験日まで、できる限り多くの年度の過去問を解いて行くのだ。


この方法で1~2か月勉強すれば、合格可能性は、かなり高まる。


もし、今現在の正答率が4割なら、過去問をくり返し解くことで、8割にまでは持っていけるはずだ。


過去問の効用は、繰り返し解いていると、正解のパターンが見えてくることだ。


完全に理解しようと、考えるのではなく、どうやったら正解にたどり着けるか、を考えよう。


もし、同じ問題を何回もまちがえるのなら、それが弱点なので、意識して繰り返す。


過去問を通しで5回以上解いて、それでも合格できなかったら、まだ韓国語の実力が足りないと考える。

たいていの場合、過去問をフルで5回解いたら、かなりイイ線まで行けるはずだ。









韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ